« ケンタッキー VS マクドナルド | トップページ | バンドンBragaのBioskop »

2008年11月21日 (金)

VOCの倉庫群

コタの北、ファタヒラー広場から北のパッサール・イカンの船の監視塔の方向の地区は何故か討ち捨てられている。Tongkol
監視塔からファタヒラーに戻るジャラン・クニールまでの道はJl.Tongkalで、又監視塔の一寸北から左に道を取るJl.Lodan Rayaの道など、多くの中国人の働く地区は古い倉庫群が散在する。1600年代から1700年代に掛けて、建てられたものの如しで当時はインドネシアの輸出商品であった米、大豆、ピ-ナツなどを集荷・保存する倉庫であったが現在は殆ど使用されていないようだ。寂れた街をさらに寂れさせている。

|

« ケンタッキー VS マクドナルド | トップページ | バンドンBragaのBioskop »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VOCの倉庫群:

« ケンタッキー VS マクドナルド | トップページ | バンドンBragaのBioskop »