« アストラとジャーディン・マセソン | トップページ | 2009年は平和な年か インドネシア宗教リーダー »

2008年12月31日 (水)

2008年の10大・重大事件

2008年 重大ニュース、1年振り返って特徴的な出来事をあげると;
①  国際金融危機の影響甚大 (迅速な諸対策、軽微・恢復期待)
②  所得税法案改訂の大幅減税、
③  テロ・イスラムパワーの増大、(ポルノ法、FPI増長、宗教抗争、総選挙イスラムまみれ)
④  日イEPA締結
⑤  贈収賄訴追強化
⑥  貧富の拡大・モール花盛り 
⑦  アセアン共同体スタート
⑧  OPEC脱退、原油高騰、電力不足
⑨  投資環境改善ならず 各種ランキング低迷
⑩  番外編:スハルト死去・時代の終焉
因みにNNAでは以下の通り
【第1位】金融危機の影響ジワリ、景気急減速
【第2位】スハルト死去、長期政権の功罪残し
【第3位】日イEPA発効、国交樹立50周年に
【第4位】燃料価格、上げ下げに一喜一憂
【第5位】電力危機で操業制限、解決は来年以降
【第6位】所得税法改正、年明けから最高税率下げ
【第7位】事故多発のアダム航空、経営破たん
【第8位】中銀・議員贈収賄事件、前総裁に有罪判決
【第9位】通信インドサット株、テマセクが売却
【第10位】OPEC脱退、輸出拡大なら再加盟も
【番外コラム】自動車の販売台数、域内首位に
【番外コラム】輸入食品の規制強化、日本食が消えた
【番外コラム】バリ爆弾テロ犯に、死刑執行
【番外コラム】オバマ氏、インドネシア語で冗談も

|

« アストラとジャーディン・マセソン | トップページ | 2009年は平和な年か インドネシア宗教リーダー »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年の10大・重大事件:

« アストラとジャーディン・マセソン | トップページ | 2009年は平和な年か インドネシア宗教リーダー »