« 11月の投資環境ニュース | トップページ | バクリー・コングロマリットのアクロバット »

2008年12月 6日 (土)

Perpustakaan Nasional国立図書館

サレンバの陸協の袂に一寸変わった建物がある。Pendopoみたいな形で白い柱が目に飛び込んでくる。Singapore_juanda_021
この大理石の床に寝転べば気持ちが良さそうであるが中に入ったことはない。ここは国立図書館で 隣に9階建てのビルもある。
図書館としてはオランダ時代も早くから1778年ごろからBataviaasch Genootschapとしてあり、1950年まではあったが、独立後は共和国の図書館は国立博物館や独立宣言文起草記念館(前田海軍武官府)とか4ケ所に分かれていた。1980年にダウドユスフ大臣が編成し、イブチエンが現在の土地を寄付し1989年にお披露目となったのがこの図書館である。この土地はそれ以前はオランダの中学校(Gymnasium Koenig Willem III 土着の人はKewedriと呼んだ)があった場所との事である。

|

« 11月の投資環境ニュース | トップページ | バクリー・コングロマリットのアクロバット »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Perpustakaan Nasional国立図書館:

« 11月の投資環境ニュース | トップページ | バクリー・コングロマリットのアクロバット »