« 夢と消えるジャカルタタワー | トップページ | ジャカルタTIMのプラネタリウム »

2009年1月13日 (火)

フェリー沈没、200数十人の命絶望か

インドネシアで又フェリー沈没の大惨事が発生した。飛行機事故も記憶に新しいがフェリー事故は2006年末のジュパラ沖の650名乗船の沈没事故以来か
この船はスラウエシのパレパレからカリマンタン サマリンダに向かう船でサイクロンのモンスーン荒れ狂う明け方の海に一瞬に沈没したようである。
22名が救助されたが、危うく近くの竹やバナナの房に捕まり命びろいした人たちである。インドネシアはフェリーの酷使で古いフェリーが多いがこのテラタイ・プリマ号は10年船暦なので古い訳でもないが気象庁の警告を無視し出航した人災である。

|

« 夢と消えるジャカルタタワー | トップページ | ジャカルタTIMのプラネタリウム »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェリー沈没、200数十人の命絶望か:

« 夢と消えるジャカルタタワー | トップページ | ジャカルタTIMのプラネタリウム »