« NPWP促進と出国税廃止 | トップページ | 月刊誌「インドネシア企業経営」12月号 »

2009年1月 3日 (土)

BI 子会社Indoverの最後と国内銀行の現状

大分前にBIインドネシア中銀に子会社が三つあることを知り、ブログに取り上げようと思いつつ時間が過ぎていくままについこの10月にその一つが倒産してしまった。Merdeka_08_rasuna_018
インドーバー銀行である。
他にAskrindo(信用保険 Asuransi Kredit Indonesia)とコンサルタント会社PT Bahana Pembinaan Usaha(BPUI)があり、Askrindoは既にブログに取り上げ済である。Indover銀行Indonesische Overzeese Bank NVはアムステルダムを本店とするオランダ法の銀行である。何故BIがこのような銀行を保有せねばならなかったかは面子だけであったのかも知れない。この銀行は1827年にオランダ植民地の中央銀行として設立されたもので、その資産を国有化したものである。国会は中銀にこのような子会社を持つことを反対してきたもので、今回Indoverが$92百万のデフォールトを起こしたが、この救済にはBEIなども手を上げたが、結局国会の承認が得られず見殺しとなった。インドネシア中銀の信用失墜と見られてもしょうがないだろう。インドネシア国内銀行ではついこの間Century銀行救済で国営化したが、これは米国発の危機の影響と言うよりそれ以前の経営不手際であろう。国内銀行は現在10月末時点で126行あるが、内資本が1,000億以下が22行、Carが12%以下が21行、不良債権率5%以上が19行あるという。どの銀行かわからないのが不気味である。
Indover銀行のインドネシア事務所はこのBIDAKARAの中にある。

|

« NPWP促進と出国税廃止 | トップページ | 月刊誌「インドネシア企業経営」12月号 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BI 子会社Indoverの最後と国内銀行の現状:

« NPWP促進と出国税廃止 | トップページ | 月刊誌「インドネシア企業経営」12月号 »