« 2009年は平和な年か インドネシア宗教リーダー | トップページ | BI 子会社Indoverの最後と国内銀行の現状 »

2009年1月 2日 (金)

NPWP促進と出国税廃止

この1月から悪名高い出国税が変わる。納税者番号(NPWP)保有者は免除となり、保有してない場合はなんとRp2,500,000と2.5倍に値上げされる。 直前には3百万になるなどの恫喝で既に日本人駐在者は殆どNPWPを保有しているので免除となる朗報ではある。免除となるのは免除決定書が必要とあるが事前に手配する必要はなく今ま通りのカウンターでNPWPカードや家族証明等を提示すればステッカーがパスポートに貼付されるので簡単といえば簡単であるが、いずれにしろカウンターで手続きのため並ばなければならない。旅行者は自動免除なのでこの手続きはいらないが、インドネシア国民はNPWPの有り難さを感じながらまじめに税金を納付する遵法国民の誇りを与えようということである。
このNPWPは2011年から廃止することも併せて決定され、この2.5百万というペナルティ課税は2年間のみと言うことであるが、悪名の序でに嫌な役目を負わされたことになる。

|

« 2009年は平和な年か インドネシア宗教リーダー | トップページ | BI 子会社Indoverの最後と国内銀行の現状 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NPWP促進と出国税廃止:

« 2009年は平和な年か インドネシア宗教リーダー | トップページ | BI 子会社Indoverの最後と国内銀行の現状 »