« 天ぷら料理法を褐炭上質化技術へ | トップページ | 一度は泊まりたいホームステイ Wisma Garminah »

2009年1月25日 (日)

PluitのViharaのおまじない

Pluitのモールを囲むPluit Raya通りの西側の道、Pluit Barat RayaはもうPluit地区の西のはずれ然としているがそこに仏教寺院がある。Pluit_nikon_6_3
Pluitが新しい中国人地区であるのでこのお寺も古くはなくほんの1970年代中頃である。このお寺はジャカルタお寺がどこもそうであるようにGuan Yinを祀っているが、本尊はGuan Diだそうである。観自在菩薩なら観音様と同じはずであるが、赤ら顔の戦の神だという。両サイドに脇侍をはべらしている。祭壇の奥にはBHAKTISALAという広い集団お祈りもできる部屋があるそうなので正面は小さいが奥は広いようだ。Pluit_nikon_10_2
お祈りのあと大きな紙の蝋燭に日を灯し野辺にさしていた。中国人は日本人よりお祈り・おまじないの仕掛けがこっている。

|

« 天ぷら料理法を褐炭上質化技術へ | トップページ | 一度は泊まりたいホームステイ Wisma Garminah »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PluitのViharaのおまじない:

« 天ぷら料理法を褐炭上質化技術へ | トップページ | 一度は泊まりたいホームステイ Wisma Garminah »