« Vihara Padumuttara タンゲランのコタチナ | トップページ | 新所得税法 財務省令No.245 ~258を一挙掲載 »

2009年1月31日 (土)

Tanoe テレビ会社監査役や法務高官でも汚職まみれ

Hartono Tanoesoedibjo こんな一寸難しい名前は一度聞くと頭に残っており、いつかどこかで聞いたなぁと、辿ると案外トレースできるものだ。インドネシア テレビ界の大立者Hary Tanoesoedibjoの弟である。彼らはRCTI、Global TV及びTPIのテレビ局を保有するPT. Bhakti Investamaの監査役である。
HartonoはPT Sarana Rekatama Dinamika (SRD)のオーナーの一人であるがSDRを巡る4,000億ルピアのスキャンダルの容疑者で、検察庁が国外脱出の禁足令を出し喚問せんとしたときには既にシンガポールでメディカル トリートメントを受けていた。SRDは法務省の会社設立や法的事項の変更等の認可管理システムであるWebsite(www.sisminbakum.com,)のビジネスパートナーである。
このシステム運営で得られた手数料は政府の税外収入で国庫に入るべきところを使い込んでいることが発覚検察の調査を受けているものである。
スハルト一族の弁護士でも名前を馳せた、彼の弁護士Hotma Sitompoelは禁足令が出る前にHartono は出国していたと主張、政府はいつも容疑者を取り逃がしている。
この件では、法務管理総局長であったRomli Atmasasmita、彼の後任のSyamsuddin Manan Sinaga 及びZulkarnain Yunusが収賄の容疑で取りざたされている。

|

« Vihara Padumuttara タンゲランのコタチナ | トップページ | 新所得税法 財務省令No.245 ~258を一挙掲載 »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tanoe テレビ会社監査役や法務高官でも汚職まみれ:

« Vihara Padumuttara タンゲランのコタチナ | トップページ | 新所得税法 財務省令No.245 ~258を一挙掲載 »