« アストラ・ジャーデン・慕情の3人ウイリアム | トップページ | 12月投資環境関連トピックス »

2009年1月 8日 (木)

Vihara Tanda Bhaktiの正門

Vihara_tanda_bhakti
11月7日に書いたVihara Tanda Bhakti 証献寺 であるが、ここに行くには、中国寺院の中で一番有名な金徳寺の裏から回って行く方法もある。8月22日に紹介した中国教会Santa Maria Fatima Church の前当たりにこのお寺の入り口があるのである。つまり裏側の運河沿いのTambora通りから見える屋根の仏教寺の入り口、多分正門がこちらである。入り口は小さいがその路傍にこれまた小さな祠があり、中年の中国おばさんが買い物の帰りにお祈りをしていた。つましい中国人の生活ぶりに一寸心をうたれるものがあった。このお寺の元を辿ると1650年まで遡るというから、中国人はもうこの時代にこの辺たりに住み着いていたことになる。

|

« アストラ・ジャーデン・慕情の3人ウイリアム | トップページ | 12月投資環境関連トピックス »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vihara Tanda Bhaktiの正門:

« アストラ・ジャーデン・慕情の3人ウイリアム | トップページ | 12月投資環境関連トピックス »