« 日本を駄目にする政界・財界 | トップページ | ジャカルタはHeritageの改修工事に励む »

2009年2月18日 (水)

Berita Jakartaが伝えるKemangのバカ騒ぎ

最近のKemangは朝方までバーやナイトクラブで外国人が飲み騒ぎ、騒音で就眠を妨害され道も朝方まで渋滞だという。朝4時半のお祈りに行く道で酔っ払いと遭遇し毎日うんざりした住民は南ジャカルタ区長に抗議したそうであるが、これらのナイトスポットの営業時間は次のように決められており、これを守らせるだけだとしている。
  *ナイトクラブは7 p.m. から 3 a.m.まで、ディスコテックは7 p.m.から 2 a.m.まで、
  *ライブミュージックは 7 p.mから1 a.m.、カラオケは2 p.m. から 2 a.m
  *サウナは10 a.m.から11 p.m、マサージ、スパは10 a.m.から11 p.m.まで
まぁこれで十分であるが、彼らは何も外国人だけでなくインドネシア人も多いはずだ。問題はスタートが遅いのが問題である。だがあそこにナイトクラブやディスコ、カラオケ、スパはあるのであろうか。本当にあれば日本人も出没しているはずであるが。。Sep307_005
今は昼の写真しかない。
Berita JakartaはFauzi Bowo 市長のDKIのホームペイジで先代から豊富なニュースを流している。 Gunawan Yusufが2007年に発刊したのはKoran Jakartaである。

|

« 日本を駄目にする政界・財界 | トップページ | ジャカルタはHeritageの改修工事に励む »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Berita Jakartaが伝えるKemangのバカ騒ぎ:

« 日本を駄目にする政界・財界 | トップページ | ジャカルタはHeritageの改修工事に励む »