« Berita Jakartaが伝えるKemangのバカ騒ぎ | トップページ | Berita Jakarta、Koran Jakarta、Globe JakartaにAnthonyも »

2009年2月19日 (木)

ジャカルタはHeritageの改修工事に励む

DKI政府はこの不景気の中、バタビアの遺産の修復工事に予算を付けた。対象は5件あり、Gedung Joang 45(弊ブログ07/5/22他参照)に50億ルピア、Tekstil Museum(07/07/08)に50億、Thamrin Museum(06/10/20)に25億、Wayang Museum(06/12/29)に30億とBalai Konservasiに50億である。場所を上げるとJoang 1945 MuseumはJl. Menteng Raya,、繊維博物館はJl. KS Tubun、Petamburanで、タムリン博物館はスネンのJl. Kenariでワヤン博物館はファタヒラ広場、Conservation InstituteはJl. Pintu Besar Utaraである。 工事は4月から始まる。市が管理している博物館は上記の他ジャカルタ歴史博物館、セラミック博物館など9件あり、訪問者の入場料で40億あるそうで大したものだ。2,000ルピア程度であり、無料だ入る小生もおり、くすねる職員もいる中であるからだ。今年のDKIの年間観光振興予算は600億で、1.7百万の外国人の訪問を見込んでいる。これもBerita Jakartaの記事の引用である。Kali_besarjul08_18
最後の物件は未だ遭遇していないので次回探すとして、その他はこのブログで以前に書いている。だが何時書いたか検索するのに2時間も費やした。このNiftyの検索も十分でなくGoogleは大きすぎる嫌いがある。ブログで以前書いた記事をすぐ読めるようにしたいのであるが、このフリーのブログでは未だ出来ていない。写真は記事と関係ない放置されたHeritage.

|

« Berita Jakartaが伝えるKemangのバカ騒ぎ | トップページ | Berita Jakarta、Koran Jakarta、Globe JakartaにAnthonyも »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタはHeritageの改修工事に励む:

« Berita Jakartaが伝えるKemangのバカ騒ぎ | トップページ | Berita Jakarta、Koran Jakarta、Globe JakartaにAnthonyも »