« Rumah Jawaがクマンに | トップページ | Berita Jakartaが伝えるKemangのバカ騒ぎ »

2009年2月17日 (火)

日本を駄目にする政界・財界

夕方眺めていたGlobeのサイト紙面で11時51分中川財務大臣が辞意表明したことを知り、同夕方5時52分与謝野経財相が兼任するということを報じていた。与謝野氏も今回の金融危機は最初の認識から一挙に最先端の悲観論者になった男で、財界の企業トップの逃げ腰経営者のオンパレードと共に無能な政界で愈々日本も駄目になるのか、このままではジリ貧である。財界には自己保身主義のサラリーマンか、或いは権力を振り回す、傲慢・頑固な政治家と同じタイプだらけのようである。今必要なのは将来を託せる若い世代への交代である。不況の震源地であるアメリカより何故日本が落ち込まねばならないのか、なるほど北米向けの輸出は大幅落ち込みで円高による不利益も大きいが、自ら国内市場の芽を殺いでいることが更に不況感を強めているのではないか。前回のバブルの後の失われた10年の失敗が欧米の悪い見本として生きているのに対し日本は又失敗を繰り返すのではないかと心配だ。株価などが実経済の指標となるのが可笑しいが活を入れるために株を買うことにした。 又10年を新規に頑張るためでもある。
夜のテレビで中川氏は6時過ぎに即時辞任に切り替え総理が受理したと語っていたが、Globeの報道は本人より早いことになる。すごいことである。

|

« Rumah Jawaがクマンに | トップページ | Berita Jakartaが伝えるKemangのバカ騒ぎ »

ジャカルタ人の日本日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本を駄目にする政界・財界:

« Rumah Jawaがクマンに | トップページ | Berita Jakartaが伝えるKemangのバカ騒ぎ »