« 無視されるMUIのFatwa | トップページ | 日本を駄目にする政界・財界 »

2009年2月16日 (月)

Rumah Jawaがクマンに

これも帰国1日前の土曜日ぶらぶらした南ジャカルタで見つけた外国人必見の場所だ。
ここの地区はクマンの周辺地で欧米系外国人が多く住んでいるので欧米系外国人には知られているとおもうが、日本人はどうであろうか。Malik_cokro_kemang_018
Malik_cokro_kemang_022
伝統的ジャワ建築のRumah Jawaでジャワの伝統的家具を展示販売している、その名もRumah Jawaと言ういわばお店であるが800m2の緑滴る敷地にゆっくり憩っている人達もいた。奥の方に座って飲み物を飲んでいる人々も見かけたので小さなkafeでもあるはずである。写真を撮っていると止められたので、すぐそこを後にしたのでそれ以上は判らない。
この地区には多くの家具製作屋や工芸品屋も散在しており、ここの家主Zulfikar Latiefさんも伝統デザインのジャティの家具を作らせてジャワ遺産の保存に努めている。このジョグロ形式の建物に一歩はいると高い天井の奥まで意匠化された梁や柱、壁に飾られた展示品やゆったりした家具の数々で一度はこんな所に住みたいと思うだろう。空気もひんやりとつめたく心地よい。1月26日のMy BrogのWisma Garminahという旅荘も内部は似ている。

|

« 無視されるMUIのFatwa | トップページ | 日本を駄目にする政界・財界 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/28132268

この記事へのトラックバック一覧です: Rumah Jawaがクマンに:

« 無視されるMUIのFatwa | トップページ | 日本を駄目にする政界・財界 »