« Situ Gintungダムの決壊で200人以上死亡 | トップページ | Kemang VillageもAncolも着々と »

2009年3月29日 (日)

地球時間2009キャンペーン

土曜の夜、9時半に街の灯りを見ていたが微かに今まで消していたビルのネオンサインなどが点灯されたようだ。
今日は地球温暖化防止のキャンペーン運動である消灯運動で8時半から1時間、市民が出来る範囲で消灯することのようである。世界野性保存基金WWFが提唱するこの地球時間2009 (Earth Hour 2009)キャンペーンにジャカルタ市が参加し市民の意識向上を願っている。
幾つかのホテルやビルが賛同して参加しているがThe Grand Hyatt Jakartaも外部の照明を1時間消すことにしたそうだ。Sheraton Bandara Hotel (Soekarno-Hatta)も消灯やその他の省エネ手段をとると発表している。市ではモナス、HIのサークル、市役所、若人の塔、アルジュナ噴水を対象にしている。
観察していたのであるが、高速の照明が消えていたのが付いたように見えたがそんなはずはないだろう。錯覚だと思う。

|

« Situ Gintungダムの決壊で200人以上死亡 | トップページ | Kemang VillageもAncolも着々と »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球時間2009キャンペーン:

« Situ Gintungダムの決壊で200人以上死亡 | トップページ | Kemang VillageもAncolも着々と »