« 輸入規制、保税、通関関連規定の変更 | トップページ | Kunstkringの変遷 »

2009年3月 4日 (水)

最近の投資環境トピックス

*自動車部品、電器部品など11セクターの関税を政府負担、景気刺激策73.3兆ルピア承認得る
*UAE企業、東カリマンタンで鉄道建設9億ドル、バリクパパン製油所拡張にも伊藤忠と
*空港使用料値上げ、国際線、ジャカルタは10万ルピア→15万ルピアへ
*一夫多妻、事実婚、契約婚に罰則:婚姻裁判法案。
*今年の公務員給与14-15%引き上げ:政令。
*新会社法のCSR義務規定の無効求めてイ商工会議所が憲法裁に提訴。審理始まる
*BBC世論調査、日本の好感度が前年の74%から70%に低下。順位は3位から同率首位に。
*英バークレイズ、イ地場アキタ銀株99%取得完了。
*ホテル・インドネシアはケンピンスキーホテル再デビュー、ホテル・マリオット、メダンも
*日本、二国間通貨スワップを倍増$120億に合意、$15億サムライ債にJBIC保証
*輸出入銀が発足へ、 貿易金融強化で7月に
*ロータリークラブとライオンズクラブはユダヤ系? イスラム団体が禁止を求める。
*トミー再始動。バリでのリゾート開発再開。連続無罪判決。スハルト不正蓄財も責任不問
*国内の携帯電話加入者は124,865,871件に到達:情報通信相
*インフラ開発促進で政府が専門会社設立。ジャワ横断高速、首都空港鉄道
*イ初の個人向けイスラム国債、目標1.77兆ルピアを3.14倍上回る5.556兆ルピアの応募。

|

« 輸入規制、保税、通関関連規定の変更 | トップページ | Kunstkringの変遷 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近の投資環境トピックス:

« 輸入規制、保税、通関関連規定の変更 | トップページ | Kunstkringの変遷 »