« UKIの本部はここ | トップページ | Situ Gintungダムの決壊で200人以上死亡 »

2009年3月27日 (金)

アリ・サディキン元市長の家も将軍町に

ゲシュタプの犠牲者MT Haryono将軍の家を紹介したがこの一帯は多くの将軍の家がある。Menten_mar_15_023
パンチャシラ大学の正面入り口の前はこんもりと茂る木立の奥に見える邸宅が元ジャカルタ市長、故Ali Sadikinの自宅がある。丁度角地にもなっているところで2ケ所の入り口がある今時珍しいオープンな作りである。サディキン氏も確かに中将(海軍)であったので将軍の一人である。彼の事跡は昨年5月23日に書いたが、その2日前の21日に81歳の生涯を終えていた。彼のお墓はハッタ元副大統領と同じタナクシールの一般墓地にある。

|

« UKIの本部はここ | トップページ | Situ Gintungダムの決壊で200人以上死亡 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリ・サディキン元市長の家も将軍町に:

« UKIの本部はここ | トップページ | Situ Gintungダムの決壊で200人以上死亡 »