« Siswono Judo Husodo、私の住宅の恩人 | トップページ | Hotel Formule 1 チキニの大プール »

2009年3月23日 (月)

こんなところにもオランダの建物

旧財務省(EKUIN)の裏手に小さな1車線程度の道がワヒディンからブディウトモ通りに向かって、且つグヌン・サハリ通りの小さな川(グヌンサハリ通りのチリウン河に合流する)添いの道には幾つか目を引く建物がある。
De_bus_garden
写真がその一つである。既に誰も居らず放置されているが数年前は住んでいた。Odyssay氏によるとWoonhuizen型の家とMnetenスタイルの折衷と言う。この辺りは 昔は"Tuin Du Bus" (Du Bus Garden)と言うらしい。
正面の玄関は張り出したギャラリーになており、天蓋は竹製の蓋いでペディメントに唐草模様的なデザインで彫りぬいた板で覆っている。家主は賃貸に出していたようであるが古くなりテナントも去ったもよう。市の保護遺産指定の看板は見当たらなかった。 
Woonhuis(Oct.25, 07)はモナス南側の副大統領官邸が代表である。Du Bus(My Brog Jan.7,08)は19世紀中ごろのカトリックカセッドラルの基礎を作った総督である。
このブログ内でWoonhuisを検索するともう消え逝くWoonhuisの写真が見られる。


|

« Siswono Judo Husodo、私の住宅の恩人 | トップページ | Hotel Formule 1 チキニの大プール »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなところにもオランダの建物:

« Siswono Judo Husodo、私の住宅の恩人 | トップページ | Hotel Formule 1 チキニの大プール »