« Kemang VillageもAncolも着々と | トップページ | スカルノ臨終のとき »

2009年3月31日 (火)

マドラサー・アスラマ・プサントレン

先日、高校を調べていたときに省略形のMAと言うのがあったが、これはイスラム系の学校 マドラサMadrasah Aliyahである。Aliyahとは高校のことでジャカルタには公立MA Negeriが14ある。
似たものにPesantrenと言うものがあるがマドラサでコーラン読誦を学んだものが更にイスラム教義書キタブを学び指導者になろうとするものが行く寄宿制の学校である。此処では一人の指導者キアイがおり生徒はサントリと呼ばれ自給自足を旨とした生活を送っている。卒業はなく各地のプサントレンを遍歴する事も多い。寄宿舎アスラマを持ちポンドク・プサントレンとも言う。マラドーサやアスマラと間違いやすい。
プサントレンは規模もまちまちであるが学校組織を持つものもあり、学校組織のマドラーサがプサントレンを持つ事もあり全国で1万を数えるという。インドネシア一の宗教団体NUは中部東ジャワのこれらプサントレンを基盤としている。プサントレンでの教育の基本原則は①神への奉仕、② 布教、③ 簡素な生活、④ 自己救済、⑤ 自由思考である。と中村敦夫氏の著作にあった。

|

« Kemang VillageもAncolも着々と | トップページ | スカルノ臨終のとき »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/28892961

この記事へのトラックバック一覧です: マドラサー・アスラマ・プサントレン:

« Kemang VillageもAncolも着々と | トップページ | スカルノ臨終のとき »