« タンゲランの中国人大邸宅の解体 | トップページ | 日本食品とEPA イクオール・パートナー »

2009年3月 1日 (日)

ナガボナール将軍

日本国際交流基金の企画であるがアジア映画祭が来る3月14日及び15日に赤坂OAGホールで行われるがそこにナガボナール将軍と言うタイトルのインドネシア映画が上演される。小生はその前に出発のため見に行くことが出来ない。
この映画は同名の1987年の映画の第2作で、第1作は1945年頃スリで浮浪者であった青年がインドネシア独立戦争に紛れて持ち前の口のうまさでみるみる出世をしたコメディ風映画で、同年のあらゆる映画賞を獲得したが第2作は第1作の主演デディ・ミズワルが監督したもので隠退した将軍とビジネスマンになった息子との葛藤を描いている。ナガボナール将軍とは聞きなれない名前で歴史書には登場しないが実在の人のようである。 将軍或いはJenderalと言っても大中小 准将まで含めた将官のクラスであるにしても歴史に出てこないのは何故なのか Sudirman0_jtim
探し回ったが合えることはなかったので スディルマン通りに建つスディルマン将軍像をアップしたが、北に向かって敬礼しているのは、あれは大統領府に敬礼しているのであろうか

|

« タンゲランの中国人大邸宅の解体 | トップページ | 日本食品とEPA イクオール・パートナー »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/28422266

この記事へのトラックバック一覧です: ナガボナール将軍:

« タンゲランの中国人大邸宅の解体 | トップページ | 日本食品とEPA イクオール・パートナー »