« インドネシア景気刺激策 税の政府負担?? | トップページ | Mohammad TohaはJibakuか »

2009年4月 5日 (日)

投資環境未だし 9年3月


* NEC、ジャカルタ~スラバヤ~香港光海底ケーブルシステム受注、総延長4,300km、1億ドル以上。
* コメ10万トン輸出へ、4-6月の収穫期に:食糧公社Bulog。
* スラバヤ~マドゥラ橋(総延長5.44km)、今年6月12日に開通予定。
* イ輸出保険機関が日本貿易保険と再保険協力協定調印。
* チプタットのギントゥン・ダム湖が決壊、周辺住民ら99人が死亡、126人が行方不明に。
* 首都のビルに機能適正証明(SLF)の取得義務付け、2010年めどに。
* 世界経済フォーラム(WEF)の旅行・観光競争力ランキング:イは81位、昨年よりランク下げ。
* 首都政府が義務付ける就業時間外保険加入、憲法裁は無効との判断:経営者協会。
* AEB企業、東カリマンタンで鉄道建設9億ドル、バリクパパン製油所拡張にも伊藤忠と
* 空港使用料値上げ、国際線、ジャカルタは10万ルピア→15万ルピアへ
* 一夫多妻、事実婚、契約婚に罰則:婚姻裁判法案。
* 自動車部品、電器部品など11セクターの関税を政府負担、景気刺激策73.3兆ルピア承認得る

|

« インドネシア景気刺激策 税の政府負担?? | トップページ | Mohammad TohaはJibakuか »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投資環境未だし 9年3月:

« インドネシア景気刺激策 税の政府負担?? | トップページ | Mohammad TohaはJibakuか »