« Gaja Tunggalのジャワハウス | トップページ | 「旧朝香宮邸のアール・デコ」とソニーデジカメ »

2009年4月28日 (火)

Bamabang Rachmadi、スダルモノの娘婿

10日程前、インドネシア銀行はIFI銀行の閉鎖を発表したが現在預金保証機構Lembaga Penjamin Simpanan (LPS)による精査が行われているようだ。この作業完了後閉鎖は完了する。所でこの銀行のオーナーはスダルモノ元副大統領の娘婿のBambang H. Rachmadiである。 彼は1995年この銀行の73%を買収し、1999年にはジャムソステックを巡る400億の横領罪で訴追を逃れるため返済後逃亡したことがある。彼はインドネシアでのマクドナルドレストランのフランチャイズ権を持っており又ベタウイ兄弟フォーラムという青年団体の経済アドバイザーもやっている。
IFI銀行は全インドネシアの銀行125校の中で105番目、日本円で50億程度、全体のシェアでは0.01%程度である。彼は未だ富豪リストには届いてない。失敗続きだからだろうか。

|

« Gaja Tunggalのジャワハウス | トップページ | 「旧朝香宮邸のアール・デコ」とソニーデジカメ »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bamabang Rachmadi、スダルモノの娘婿:

« Gaja Tunggalのジャワハウス | トップページ | 「旧朝香宮邸のアール・デコ」とソニーデジカメ »