« インドネシア投資手続き改訂 | トップページ | CSISのエクゼキュティヴ »

2009年5月 3日 (日)

CSISも的中できない大統領戦

Awijaya_004
CSISが2月ごろ予想していた大統領戦の行方は、ユドヨノ-カラーの続投であったが、ここに来て混沌となってきた。総選挙の結果発表に1ケ月も掛かるというのも不思議だが4月末でやっと1割集計でき、その結果はPDIPが第1党になったというのにも驚いてしまう。メデイアの速報ではユドヨノの民主党が他を圧していたが、これは選挙に不正があったからだと選挙をボイコットせんとしていたPDIPもこの集計結果に半分戸惑っているかもしれない。
ユドヨノは堅いと思われるがそのパートナー選びが未だ決まってない。連立する政党の政策との調整というより、副大統領となる相手との相性や好悪感が先に出ているからである。各党が風見鶏であり二股膏薬で、どうすれば選挙に勝てるか、勝った後、金に近づけるかを推し量っている。そして出てきたのがカラー-ウイラントコンビで3つ巴の大統領選挙になりそうで、これでは予想も出来ないはずだ。Amegawati_rumah_aug_08_6
写真は選挙戦のPDIPの砦と親父とコンビを組みたいメガ。

|

« インドネシア投資手続き改訂 | トップページ | CSISのエクゼキュティヴ »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

test

投稿: jakartan | 2009年5月 3日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CSISも的中できない大統領戦:

« インドネシア投資手続き改訂 | トップページ | CSISのエクゼキュティヴ »