« これも大発見のBenconの墓 | トップページ | 市制482年のジャカルタの反省 »

2009年6月26日 (金)

このHSBC古写真は今のこれ?

HSBCがインドネシアに支店を設けたのは1884年である。 Forbes Asia誌の最後のペイジはA Look Back in Timeと言うペイジで古い写真付きのコメントがある。6月号にはHSBCの最初の支店の写真である。特徴的な部分があるので小生のアルバムに探しに出かけた。最初の感が見事に当たり見つけたのが下の写真である。Ahsbc_batavia_branch Asep07kali_besar_barat067


19世紀、蘭領インドネシアは今までのスパイス貿易の重要性が落ちてくると政府はこの植民地への民間投資をオランダ以外に開放自由化することにした。この結果、砂糖、コーヒー、ゴムのプランテーションが注目され繁栄した。HSBCはこれらの産業に融資を行い好成績を挙げた。19世紀アジアの金融界でSir Thomas Jaksonに率いられたHSBCは最大の地位を占めるようになった。20世紀の終わりにはHSBCは世界的企業となりこの国にも支店網を持つ125年の歴史を誇っている。写真は何でも取っておくものだ。

PS 2017年3月13日 このビルはその後商業会社が入ったりしたが現代(?)タンボーラ郡の税務署となっている。
ブログ タンボーラ税務署を参照。

|

« これも大発見のBenconの墓 | トップページ | 市制482年のジャカルタの反省 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

西見様

HSBCバタビアの建物、見覚えはあるのですが、Locationを思い出せません。
Kotaですよね。Dimana? Jalan apa?

投稿: 広沢 勉 | 2009年6月26日 (金) 21時20分

カリブサールです。
スタンダード・チャタードの並び、トコメラーの二つ隣りでした。

投稿: jakartan | 2009年6月28日 (日) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このHSBC古写真は今のこれ?:

« これも大発見のBenconの墓 | トップページ | 市制482年のジャカルタの反省 »