« 究極のノスタルジー バタビアのレストラン | トップページ | 北の砦ZeeburgとGroningen 新観光スポット »

2009年6月21日 (日)

Jaques de Bollanもプラサスティ

プラサスティのポーチコホール(Portico:柱廊式玄関)には多くの墓石板が埋め込まれている。Ajaques_de_bollan_dscn0126
玄関に入って中央の木製ドアー入口に向かって右側の一番目にあるのがベルギー人商人のJaques de Bollanのものである。彼は1663年ごろバタビアの最北端のZeeburg砦の西側に丁子や胡椒用の倉庫(Pakhuizen)を所有していたそうだ。紹介板には彼は孤児院(Yatim-Piatu)を経営していたともある。
この倉庫は現在も2代目か3代目かの倉庫として繊維会社の保有していたが、完全倒壊を待つばかりである。これはZeeburgとして別途紹介しよう。
1684年71歳で亡くなったとある。彼の墓はプラサスティ墓地公園の中で古い方に属する。

|

« 究極のノスタルジー バタビアのレストラン | トップページ | 北の砦ZeeburgとGroningen 新観光スポット »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jaques de Bollanもプラサスティ:

« 究極のノスタルジー バタビアのレストラン | トップページ | 北の砦ZeeburgとGroningen 新観光スポット »