« 禁煙どころでないインドネシアタバコ産業 | トップページ | 究極のノスタルジー バタビアのレストラン »

2009年6月19日 (金)

面白くなくなったかバトミントン インドネシア・オープン

なぜかバトミントンのニュースが入ってきた。今インドネシアオープンをやっているのだ。ここで世界NO.1のマレーシアのLee Chong Weiや中国のオリンピック優勝者のLin DanベテランWong Choong Hann、等が順調に勝ち上がっているというものだが、インドネシアではSimon Santoso やSony Dwi Kuncoro も勝っている。マレーシアで強いのも中国名でバドミントンの世界は今や完全に中国人に握られている。前回の北京ではインドネシアは男子ダブルスでMarkis Kido-Hendra Setiawan が金を取ったが他は中国勢であった。2年置きのトマス・ユーバー杯では中国が男子は3連続6年間、女子はなんと6連続12年間優勝しているのである。トマス・ユーバー杯は2008年ジャカルタで行われたが2010年はクアラルンプルで行われる。その間の2009年は世界バドミントン連盟(BWF)がスーパーシリーズをやっている。1月から順次マレーシア・オープン、コリア・オープン、シンガポール・オープン、インドネシア・オープンなどやってきておりこれからもフランス・デンマーク・ジャパン・チャイナ・オープンから年末のファイナルが行われる。又8月には世界選手権も行われる。日本のオグシオや佐々木、石井、佐藤選手などもいるので少し関心を持ってみてみよう。

|

« 禁煙どころでないインドネシアタバコ産業 | トップページ | 究極のノスタルジー バタビアのレストラン »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/30186459

この記事へのトラックバック一覧です: 面白くなくなったかバトミントン インドネシア・オープン:

« 禁煙どころでないインドネシアタバコ産業 | トップページ | 究極のノスタルジー バタビアのレストラン »