« AKAとDEKA | トップページ | 香港空港事情 その5 »

2009年6月14日 (日)

サンジャヤ朝のモスク

今日もSanjaya通りを通った。Bob Hassanの家があるともう2年も前の10月23日に書いたが其のときはBobの経歴などにふれた。今回はSanjayaについて書くと;Asanjaya_jun07_menten_kbaru_022
サンジャヤ王の存在が記されており、サンジャヤ王家として古マタラムに繋がる。
マタラム王国と言うのは新マタラム(イスラム・マタラム)と古マタラム(Kerajaan Mataram Kunoヒンドゥーブッダ)があり、更に古マタラムはサンジャヤ王朝とサイレンドラ王朝に分けることもできる。日本の南北朝と思えば良く並立していた。サンジャヤ王朝はサンジャヤ王が717年から8世紀中葉に中部ジャワに興したシヴァー・ヒンドゥー教国である。ところで、ある文献ではサンジャヤは最初のガルー王国のWretikandayun王の曾孫で、3代目ガルー王の父の時代にパクワン(現在のボゴール)に征きタルマネガラはスンダ王国とガルー王国に別れたものの様で彼はスンダ王国ではプラブ・ハリスダルマ王と呼ばれその後のガルー王国を含めたさらにKalinggaを含む広い地域を征服したとき(732年)からサンジャヤ王としてサンジャヤ王朝を名乗ったものの様である。ヒンドゥのサンジャヤ朝には悪いがBob家の前のイスラム寺院をアップロードした。少しヒンドゥー的にも思えるのだが。。


|

« AKAとDEKA | トップページ | 香港空港事情 その5 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンジャヤ朝のモスク:

« AKAとDEKA | トップページ | 香港空港事情 その5 »