« 突き止めたTanda Bhaktiの正門 | トップページ | 禁煙どころでないインドネシアタバコ産業 »

2009年6月17日 (水)

ジャカルタの活況は一見の値

ジャカルタフェアーが始まっている。7月12日までの1ケ月間、クマヨランのEXPO会場で、インドネシア語ではPekan Raya Jakarta (PRJ)ある。昔はモナスで行われていたもので第1回目はスハルト時代の1968年7月20日であった。これもアリ・サディキンのイニシアティブによるものであった。
原形はオランダ時代のガンビール広場(モナス)でのNight Marketであるが、KADINとの協賛による産業博覧会としたもので、又このときからジャカルタ市の誕生を6月22日としてこのお祝いの毎年の行事としたものであった。モナスで行われた時代は若い時だったからか、何度か行ったことがあるが1992年に変わったPRJには1度程度しか記憶がない。モナスのときは7haであったがPRJは44haの広さである。
Ajiexpo_019
近代産業・貿易博と銘打っているが同時に遊覧博でもある。期間中4百万の来訪が計画されているが、相当な混雑でチケット購入、食事場所、会場案内不足、便所、駐車場と問題が沢山あるようだ。
入場料はRp15,000(平日)と据え置き、シャトルバスもあり毎日有名なアーティストがでる。新聞では以下の人達の名前が出ていた。
Iwan Fals、Nidji、Padi、Mulan Jameela、Kuburan、Efek Rumah Kaca、Slank、Tony Q Rastafara、 Peterpan、 Shaggydog、Alexa、Ello、Maliq & d'Essentials、Changcuters.、Ungu
博覧会での契約成立額は毎年増えてきており昨年はRp2.7兆であったが今年は世界金融危機の中でも3兆ルピアを見込んでいる。元気なジャカルタである。写真はゴルフ帰りに見た会場の遠景である。

|

« 突き止めたTanda Bhaktiの正門 | トップページ | 禁煙どころでないインドネシアタバコ産業 »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

色々検索しておりまして、

世界金融で検索していたらここにたどり着きました。

とても興味深い記事を書かれていますね。

私の友人ですが、こちらも面白い記事を書いているので、是非遊びに来てくださいね。

http://blog.livedoor.jp/yume2323/

投稿: 小林 哲人 | 2009年6月18日 (木) 11時29分

yume2323 拝見しました。高度なレベルです。
メルマガに登録しまして、時々頭の洗濯を
したいと思います。

投稿: jakartan | 2009年6月20日 (土) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャカルタの活況は一見の値:

« 突き止めたTanda Bhaktiの正門 | トップページ | 禁煙どころでないインドネシアタバコ産業 »