« バタビア城(Kasteel)の誕生 | トップページ | アリー・ムルトポの城 »

2009年6月 4日 (木)

パッサールパギ朝市プラザ

Amay_09_batavia_144_2
パッサール・パギといえばコタのピントゥ・クチールとアセムカの間にある通りであるが、マンガ・ドゥアのITCモールが出来てからITCの横にもパッサール・パギが出来たようだ。 朝市と言う普通名詞であるので名前を取るのは構わないものの、こちらのほうは寂れていくばかりである。此処は又一方通行だったと思うが、何時も東側の方から来ることになり、東側は中々なじみのない地域だと言うことも寂れる理由だろうか。このとおりの真ん中に中国風の豪壮なプラザがあるが、どうも1階だけが歯抜け状態で店を出している感じで中国人も元気がない。東側散策を続けたいと思うが、何時ぞや
中国寺院や古モスクを訪ねたPekojan辺りまで、この一帯歴史的に古い町であるが訪れる人は少ない。

|

« バタビア城(Kasteel)の誕生 | トップページ | アリー・ムルトポの城 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パッサールパギ朝市プラザ:

« バタビア城(Kasteel)の誕生 | トップページ | アリー・ムルトポの城 »