« パッサールパギ朝市プラザ | トップページ | 5月のインドネシア投資環境トピックス(09年) »

2009年6月 5日 (金)

アリー・ムルトポの城

Aapr_11_012
ジャラン・バンカのジャラン・テンデアンよりの小さな道に大きな建物がある。最近また宮殿のごとき建物も出来たが近寄ると怖いのでその調査はマダであるが、それと向かい合って立つのがGedung AKAである。ここで業師アリムルトポがイリアン作戦のインテリジェント活動を行った拠点と聞く。今は古くなって使いようもない図体となっているが、Aapr_11_015
これをテンデアンの新しいプラザの裏奥から覗いたのが写真である。このプラザも入ってみると思いのほかゆっくり出来そうなよさがあるが、アクセスがわるいからなのかもひとつ人気がなくガランドウである。
今日は二つの写真を並べておこう。
アリムルトポが登場する事件は多いがこのブログで既に紹介したCSIS(5月4日)との関係も深い。スハルトのアスプリ(個人補佐官)としての盟友スジョノフマルダニSoedjono Hoemardhani,とともに、1971年に、ユスフ・ワナンデとハリー・チャン・シラライにつくらせたのが国際戦略研究所なのである。

|

« パッサールパギ朝市プラザ | トップページ | 5月のインドネシア投資環境トピックス(09年) »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリー・ムルトポの城:

« パッサールパギ朝市プラザ | トップページ | 5月のインドネシア投資環境トピックス(09年) »