« 面白くなくなったかバトミントン インドネシア・オープン | トップページ | Jaques de Bollanもプラサスティ »

2009年6月20日 (土)

究極のノスタルジー バタビアのレストラン

Asbbmay_09_batavia_037
コタ・バタビアで食事するなら有名な所はCafé Bataviaでここは24時間営業だったと思う。次にはホテル・バタビアのレストランだが、一寸前はパッサール風であったが今やそのような雰囲気は失われている。横のディスコの方が面白いかもしれない。或いは大昔の造船所跡にたつ幾つかのシーフードである。皆規模が大きいが其の中でVOC Galanganはバーもあり入りやすいだろう。小生の究極はバタビア城内にあるシーフード・バンダール・バタヴィア(SBB)である。 お昼、外に出てきた男にここはバタビア城跡かと聞いたがキョトンとしてガッカリしたが、此処はJln. Tongkolの真ん中にあるまさにバタビア・ダイヤモンド城の丁度真ん中に当たるはずである。お城はオランダ語でKasteel、インドネシア語でBentengというがCastleと英語で叫んだので通じなかったのであろう。勿論建物なども新しくお城の名残は何にもない。 深海鮮と銘打っているので深海魚でも食わせてくれるのであろうか。

|

« 面白くなくなったかバトミントン インドネシア・オープン | トップページ | Jaques de Bollanもプラサスティ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 究極のノスタルジー バタビアのレストラン:

« 面白くなくなったかバトミントン インドネシア・オープン | トップページ | Jaques de Bollanもプラサスティ »