« ミチイル・メモリアル似たPerie中将の墓 | トップページ | キャセイでオルゾ »

2009年7月23日 (木)

オランダのライオン勲章 ワーテルロー戦勝記念

昨日のブログのPerie中将が与えられたOrdr Of Netherlands Lion勲章であるが、オランダ語でDe Orde van de Nederlandse Leeuwと言い1815年にウイレム一世が創設した。 ライオンと言えばバタビア時代のワーテルロー・プレイン(Waterloo Plein :現在のLapangan Banteng).にはライオンの像があった。
広沢氏のサイトにある「蘭印の地の散策」には次のように出ている。
“ヨーロッパにナポレオンが一時代を画した、1800年代初頭、バタビアの政治の中心はヴェルテフレーデンと呼ばれた今のバンテン広場の周辺地域に移った。バンテン広場とはボロブドゥル・ホテルの前にある広場で、オランダ時代はワーテルロー・プレインと呼ばれた。1814年、英国のウエリントンがナポレオンをワーテルローの会戦で破ったのを記念した広場である。。。一部省略。。。バンテン広場の中央には、鎖を断ち切った両手を高々と挙げて解放の喜びをうたっている青年の像があるが、古いオランダ時代の写真を見ると、このイリアン解放の像と呼ばれる銅像とまったく同じ場所に、一番上にライオンの像を置いた高い塔がある。ワーテルロー戦勝記念碑であり、ワーテルロー広場の由縁である。また、今の大蔵省ビルである旧政庁の入り口前にクン総督の像が立っている写真を見たことがある。現在は、こういった植民地時代の記念像はあとかたもない。”
勲章に出てくるライオンもこのワーテルロー戦勝記念碑上のライオンもこれはオランダ・オラニエ公国の紋章から出ている。
ワーテルローの闘いは英蘭連合軍の総司令官ウエリントンとナポレオンの戦いでウエリントンの指揮下でオランダのウイレムIIも参加した。ウイレムII はここで名誉の戦傷を負い、それを記念してワーテルローに高さ45メートルもあるライオンの丘が立てられている。これを見たウエリントンは自分の戦場を汚するものだと言ったとか、だからバタビアのワーテルロープレインも戦勝記念碑もオランダが自分の力を誇示するため横取りしたものと思われる。

|

« ミチイル・メモリアル似たPerie中将の墓 | トップページ | キャセイでオルゾ »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

西見様

私の小文を引用して頂き有り難うございます。
勲章に出てくるライオンもこのワーテルロー戦勝記念碑上のライオンも、オランダ・オラニエ公国の紋章から出ている、とは初めて知りました。
ワーテルローは、Waterlooのオランダ語読みで、ビビアン・リーとロバート・ティラー主演の「哀愁」の原名のWaterloo Bridge、この橋はロンドンにありますが、この場合はウオタルーですよね。
もう一つ、オラニエは、オランダ語のOranjeで、日本では、オレンジ公国と訳したものも結構あります。

投稿: 広沢 勉 | 2009年7月23日 (木) 22時27分

いつもありがとうございます。
ビビアン・リー、ロバ-ト・テイラー、いい響きですね
昔の映画のDVDシリーズが売り出されよく新聞に広告がでますが昔の俳優は偉大だったような気がします。

投稿: jakartan | 2009年7月26日 (日) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オランダのライオン勲章 ワーテルロー戦勝記念:

« ミチイル・メモリアル似たPerie中将の墓 | トップページ | キャセイでオルゾ »