« キリンとサントリー統合してもトップの足元にも | トップページ | トランスアジアで日本はどうなる »

2009年7月14日 (火)

パサール・イカンは昔は島

ジャカルタの地図を見るとパッサール・イカンは数ケ所ある。スンダクラパ海岸の海洋博物館奥に在ったパッサール・イカンが一番古い地名である。この地区の1945年の写真を見ると、このパサル・イカンは島であったことが判る。Alingkar_batavia_jun_609_038
海洋博物館の通りはいわば城壁都市バタビアの防壁で、今そこに商店が並んでおり右に回って突き当たりの所辺りに魚市場があった。その右に回るところが昔は島と陸を結ぶ橋状陸地であった。Zeeburg城砦の裏側とLuar Batangの間の入り江がVrijmans Havenと呼ばれていた。この島の中にそのFishmarketとHexgonとAquariumが書き込まれているが今はどうなっているか。
Fishmarketの辺りの写真は撮ったがその先は一寸怖くていけなかった。
ただ此処で一度も住民から冷やかしの声も掛けられなかったし、視線も合わなかったのが救いであった。多分生活に一生懸命なのか、外人の観光客になれてしまったからだろう。

|

« キリンとサントリー統合してもトップの足元にも | トップページ | トランスアジアで日本はどうなる »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パサール・イカンは昔は島:

« キリンとサントリー統合してもトップの足元にも | トップページ | トランスアジアで日本はどうなる »