« Kohler将軍、聖戦の餌食に | トップページ | チキニ病院のチャペル »

2009年8月 7日 (金)

09年7月投資環境トピックス

*爆弾テロ、マリオットとリッツ・カールトンホテルで9人死亡、JIの犯行か
*日イ通貨スワップ協定、15億ドル
*EU、インドネシアの航空会社の欧州乗り入れ禁止を解除、2年ぶり
*ユドヨノ大統領、得票率60.80%で当選確定、安定と成長 国民が評価 汚職撲滅、テロ取締まり奏功
*三井住友銀、BCAと業務提携覚書、顧客サポートの強化目指す。
*フリーポート襲撃:豪人男性が銃撃死亡、銃撃戦へ2人死亡、従業員服務5人を逮捕。
*トレンガレックで邦人殺害:従業員42歳を殺人容疑で逮捕。仕事で怒らせられ腹いせに
*新型フル:新たに83人もの感染と保健省、国内累計495人に。
*2012年めどに安価な国民車開発プログラム実現へ:工業省筋。
*今年3月時点の貧困人口3,253万人、貧困率14.15%で前年同月比1.27ポイント縮小:統計局

|

« Kohler将軍、聖戦の餌食に | トップページ | チキニ病院のチャペル »

インドネシア政治・社会・経済の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09年7月投資環境トピックス:

« Kohler将軍、聖戦の餌食に | トップページ | チキニ病院のチャペル »