« Bidaracinaおどろおどろしい名前 | トップページ | Silabanの建築芸術がジャカルタを飾る »

2009年8月12日 (水)

バタビア城壁都市東側の砦Enkhuisen

コタ駅の裏側には、マンガドゥアに向かう道を横切り北に向かうチリウン河がある。この辺りのチリウン河を見よう出かけた事がある。コタ駅の北はBNIの大きなビルがあり、BNIの裏には行けないので更に北のTaman Sariの役場、正面に消防署があるところからはいり込んで見た。
Alingkar_batavia_jun_609_060_2
Alingkar_batavia_jun_609_061
昔の地図で言えばRotterdamPoortの南の9番/10番砦、Koorn/Enkhuisenの砦の所である。そこには民家が密集しており入り込んでは二度と出て来れない感じがする所で河まではとても行けず、そのあたりの材木の山で遊んでいた子供たちの写真を撮るのが精一杯であった。Taman Sariという地名は沢山あるがここのは小さなCamatの名前である。そのあたりには車が入り込んでくるのはめったに無く緑深く、ヒンドゥーの香りのする一角でもあった。

|

« Bidaracinaおどろおどろしい名前 | トップページ | Silabanの建築芸術がジャカルタを飾る »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バタビア城壁都市東側の砦Enkhuisen:

« Bidaracinaおどろおどろしい名前 | トップページ | Silabanの建築芸術がジャカルタを飾る »