« 保税再生地区と保税競売所とは | トップページ | ロッテルダムの次はデンハーグの筈 »

2009年8月 2日 (日)

幽霊ホテルMelatiはHotel Ernst

Hayam Wurukの南端にホテルがある。長らく放置され、汚れまくっていたので気味悪がった人は多いだろうが一応古いオランダ時代からあるホテルの一つである。Amelati_hotel_003
最初は1745年、後に総督(1761年~1775年)となるvan de Parraの所有地であった。
これがホテルになったのは1860年代、Mother Ernstの所有、経営するHotel Ernstである。その後Hotel Wisseとか名前えお変えたが、現在の姿になったのは1920年代で、所有も変わってHotel des Galeriesとなり独立後の混乱の中、Hotel Melatiとなったようだ。
今又外観は美しいホテルにリノベされてはいるが中身はどうだろうか。入り口が小さく渋滞の中でアクセスがよくないので寄らずじまいであった。

|

« 保税再生地区と保税競売所とは | トップページ | ロッテルダムの次はデンハーグの筈 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幽霊ホテルMelatiはHotel Ernst:

« 保税再生地区と保税競売所とは | トップページ | ロッテルダムの次はデンハーグの筈 »