« ベンクルーの仏教寺院 | トップページ | ラマダン始めのビール »

2009年8月21日 (金)

シンガポール国立美術館

Orchard_road_presbyterian_church
昨日の続きでホテルをでて近くの駅に向かうとき威風堂々たる建物が見えた。Singapore_national_museum_1_2
近くの駅はドビーゴー、飛行場からここにMRTで着いた時は夜になっていたのでホテルまでタクシーを使ったが翌日地図を見るとすぐ近くなることが判明当然歩いたその出かけるときのことである。チャイナタウンに向かっていたので、まずは駅に急ぐと駅のそばにきれいなチャーチもあり、これもカメラに収め、チャイナタウンを少しぶらぶらした後、この建物を思い出し戻ってきた。チャーチからもワンブロック程度の距離であった。標識にシンガポール国立博物館とある。調べると開館して既に120年にもなるそうで、シンガポールの600年の歴史と人々の生活の展示らしい。シンガポールの歴史の中でどうしても日本占領期はひどい時代だったと忘れることはできないようだ。小生には中身よりこの建物が気にいった。 チャーチの方は拡大して1854年設立のOrchard Road Presbyterian Churchと判読した。

|

« ベンクルーの仏教寺院 | トップページ | ラマダン始めのビール »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール国立美術館:

« ベンクルーの仏教寺院 | トップページ | ラマダン始めのビール »