« Medco LNG、炭層メタン:企業ニュース | トップページ | インドネシア国家予算案に見る経済政策方針 »

2009年8月30日 (日)

プルイットの謂れ

Apluit_junctionnikon_4
プルイットはプンジャリンガン郡にある北ジャカルタの高級住宅地である。グロドックの中国人で毎日10億ルピア(Miliar)の売上げのあるものだけがPluitの住宅を買うことが出来る。1903年バタビアの地図によれば正確にはFluit Muarabaruと言う。オランダ語ではfluitとは、言わばフルートでインドネシア語ではSulingで細長い竹笛である。ダンドゥトの物悲しい楽器である。高速下のJembatan Tiga 通りを北上した所がPluit地区の入り口で最近大型ショッピングモールが広がるPLUIT Junctionである。西に向かう道がPluit SelatanでMuara Angke運河と突き当たる所の北側に仏教(Vihara Satya Dharma)とヒンドゥーの二つのお寺があるが両方ともブログで紹介済みである。

|

« Medco LNG、炭層メタン:企業ニュース | トップページ | インドネシア国家予算案に見る経済政策方針 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プルイットの謂れ:

« Medco LNG、炭層メタン:企業ニュース | トップページ | インドネシア国家予算案に見る経済政策方針 »