« Tiang Bendera旗柱通りの謂れ | トップページ | シンガポール国立美術館 »

2009年8月20日 (木)

ベンクルーの仏教寺院

シンガポールに行ってきた。ホテル周辺の散策だけで8つもの歴史的サイトと遭遇できたがこのブログのタイトルと関係ないため調査はしていないが場所だけ紹介しておこう。
街の中心オーチャードロードにも近いベンクーレン・ストリートでこの道の南端にはシンガポール・マネジメント大学の大きなキャンパスを越え(全くのオープン)るとシンガポール国立博物館の白亜の堂々たる建物がある。その横はYMCAのロッジやFort Caningsの砦につながるところである。北の端はFortune Shopping Centerがありその裏の奥にStanford Arts CenterとAdsc08321_4
二つのシンガポール一と思われる仏教寺院がある。ショッピングセンターの角に案内の標識が出ていたのであるがうっかり写真を撮るのを忘れたが、掲げた写真を見るとひとつは観音堂と後ひとつは慶雲と読める。Adsc08318
中国人が一心不乱にお祈りをささげているのには頭が下がる思いである。慶雲の裏に高いビルが見えるがこれはIbis Hotelである。ここを使えば安く上がるだろう。Bencoolenと綴られてはなじみは無いが良く考えるとスマトラのベンクルーでラッフルズが最後までがんばった都市である。

|

« Tiang Bendera旗柱通りの謂れ | トップページ | シンガポール国立美術館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベンクルーの仏教寺院:

« Tiang Bendera旗柱通りの謂れ | トップページ | シンガポール国立美術館 »