« デウィ夫人のジャカルタ千鳥庵 | トップページ | アチェに時代錯誤の石打死刑 »

2009年9月15日 (火)

Gesri LLydoの本社はこんなとこ

いつぞやジャラン・コピからタンマラカ地区に入り込んで大昔の運河の跡を若しやと尋ねたがその時発見したのが、Tiang Bendera通りで、それはつい最近Tiang Benderaの謂れという題でブログした。Sagesuri_lloyd
その時だったかTiang BenderaのJl.Kopiより北側を通っていたとき何気なく写真に収めたのが海運会社 PT Gesuri Lloydの本社ビルである。ちょうどホテルバタビアの後背地に当たるが、いまどきこの辺りに本社ビルを構えているのは少ない。
HPに拠ると1964年設立とあり、現在保有船3隻の貨物輸送会社で、日本とは東京船舶と提携しているようだ。日本とは東京船舶が月9航海でタンジュンプリオク、バタム、スラバヤ、メダン等を結んでいると記されているが不審の方は電話番号: 62 21 690 4000 (10 ライン)である。これだけの話であるのでエピソードを募集中。


|

« デウィ夫人のジャカルタ千鳥庵 | トップページ | アチェに時代錯誤の石打死刑 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gesri LLydoの本社はこんなとこ:

« デウィ夫人のジャカルタ千鳥庵 | トップページ | アチェに時代錯誤の石打死刑 »