« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の投稿

2009年9月29日 (火)

ジャーディン・マセソンの英一番地

今回の日本滞在37日は、神の思し召しめしにより友人との外飲もなく、将に季節の夏のごとく慌ただしく過ぎて行った。
その期間に横浜開港150年の祭りもあったのであるが行けずじまいである。ジャカルタのブログが横浜に行くのはバタビアーオランダー開国とつながるからである。或いはアストラのウイリアムと慕情のウイリアムと香港ジャーディンのウイリアムでつながるからである。日本にもジャーデン・マセソンがやってくるが初代横浜支店長は創始者と同じウイリアムでウイリアム・ケズネック25歳である。彼はウイリアム・ジャーデンの姉の息子でケズネック家がジャーディン・マセソンのオーナーとなっている。開港は神奈川が約束であったが、幕府は出来るだけ離す為、大岡川の海よりの沼沢地のさびれた村を新開地とした。1859年の頃である。当時、異人はそこから25マイルまでしか出ることが出来ず、それが品川の六郷川迄であったが、白石一郎著の「異人館」では遠乗りに出向いたケズネック一行の話があり、港崎町から、吉田橋、戸部と横浜道を渡っていき東海道にでる様子が描かれ、帰途攘夷の侍に襲われるシーンがある。ジャーディンマセソン商会があったところは「英一番地」といわれ現在の山下町一番地である。シルク博物館や貿易センター前の日本初の外銀(ジャーディンのHSBC)の記念碑もあるそうだ。彼らは生糸貿易に従事し日本の生糸は良質で価格はヨーロッパの半額であっので相当儲からしたが、アヘンを持ち込まなかったのはまだ良心があったからであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月28日 (月)

インドネシア遺産都市ネットワーク(JKPI)会議

この10月に掲題の会議が開かれる。西スマトラのSawah Lunto で全国40都市が参加、ネットワーク作りと運営委員会を設置する。この会議にはジャカルタ州の北ジャカルタも参加するが、北ジャカルタの遺産にはツグ、マルンダ、海洋博物館、ルアールバタン・モスク、Lookout タワーを含んでいる。北ジャカルタ区では遺産区域半径600メートルにはトラックの進入を禁止する。この運動はスラカルタが主導しているものでスラカルタは世界遺産都市会議(WHCCE)を2008年に開催した。ジャカルタからは西ジャカルタもメンバーである。
世界遺産としてはインドネシアは8つあるが、世界遺産都市機構(OWHC)とは世界遺産を持っている都市が、保護などのための相互協力を促進することを目的とした非政府組織である。ソロで開いた2008年の会議はこの中の欧州―アジア会議で無形文化財の保護などを討議した。そういえばインドネシアの8つの世界文化遺産のうちボロブドールもプランバナンもジョグジャに属するはずである。
Whc
明日から行くジャカルタで何かニュースがあるどろうか。写真はNJOWO WORLD WIDE WEBから頂いた当時のポスターである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

Gajah Madaの運河Molenvlietは南に流れる?

Molen Vliet の意味はMillwayと出ていたが「風車運河」の方が趣がある。風車も運河もオランダ的である。Aagaja_mada_jl
今はGajah Mada通りとHayam Wurukの北行きと南下りの二つの通りの汚い運河であるが名前はない。
Millとは製粉所や工場の意味でもあるがMillが出来たのはそんな前ではないような気がする。何しろこの運河は1648年に作られたのである。当時チリウン河は東からパンチョラン(Pintu Kecil)の方へも流れてカリブサールとなっていたのであるが、1648年に当時の中国人カピタン Phoa Bing Hamが、そのピントゥ・クチルの城壁中央部の水汲所からマジャパヒット迄の3kmの運河を作ったとScott Merrilleesの「19世紀のバタビア」に出ている。最初はタナバン辺りの森の木材を住宅や船用にバタビア城壁都市に供給したとある。
Aimage_ciliung_et_kota
その時も北行きと南行きの道路に挟まれ、この道路の名前が運河の名前からとられMolenvliet West/Ost(西/東)と呼ばれた。この本にran southとあるので今と逆の流れであったのだろうかとの疑問がある。又或いはマジャパヒットにはクルクット河が近接してこれと接続したのではとの疑問といつジュアンダ通りの運河とつながったのかの疑問三つがとけてない。 
運河の流れは一つでも、船の上り・下りはできるので、北へ運ぶ木材だけでなく南の砂糖・弾薬工場へのサプライもあったのである。1661年にVOCが運河の運営を引き受けその時初めてMolenvlietの名前を付けた。同時にVOCはMolenvlietの水量を増やす為Juanda沿いの運河が作られてMolenvlietに接続したかのようである。このScott氏はPintu Airの部でもCiliung River flowed into canal Noordwijk(現Juanda) and then turned south to molenvlietと書いている。ここでもsouthが逆ではないかと思われる。
20世紀初頭には大工事があり、Toko TigaとPancoran 及びPancoranとGlodok(Jl.Labu Jayakarta)が埋められ現在に至っている。従って現在ジュアンダから流れてきたチリウンはジャヤカルタホテルの近くのリンデテヴェスから東にそれているわけである。
小生も最近は南北も東西も右左もよく間違う。 特に運ちゃんに右左を指示するときは非常に危なく胸をさする事が何度もある。大先生が間違うはずはないので一説としておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Soeprapto逝く

第8代ジャカルタ市長であるR. Soepraptoが亡くなった。85歳であった。1924年ソロ生まれ 1982年から1987年ジャカルタ市長で「1985-2005年 ジャカルタ・マスター・プラン」を参画した。PETA出身でウダヤナ
師団長迄努めているが何故か軍の将官名が付いた報道はない。軍を出て政官に移ったからであろうか。市長になる前はDEPDAGRIの政務次官であった。
Soepraptoと言えば9月30日事件で拉致され殺されたSuprapto中将の方が道路名ともなって有名である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

付加価値税法の改正要点

とてつもなく長い期間の経過の後やっと、懸案の付加価値税法案(RUU PPN PPnBM)が9月16日国会で成立した。この改正の要点が月刊誌「インドネシア企業経営」2009年9月号に出ている。
その他インドネシアの会計・税務・輸出入手続き等下記の記事の8月号($100 or RP800,000/月)が発売中である。詳しくはメールアドレスrisa@indomalco.com又はk2433@attglobal.netに照会下さい。
今月の税務法令アップデート
今月の経済法令アップデート  
会計原則 124(工事契約 2)
付加価値税法の改正要点
オンラインによる輸出入許認可の供与
経済特区法の可決
所得税PPh21申告書の修正
最近・今後の保税許可の動向
労働省の呼び出し顛末
駐在員事務所の資産売却にかかる税金
一次産品輸出のL/C輸出決済義務の再延期
小売係争スタディケース:カルフールの場合
不動産業者の土地建物販売益ファイナル課税
危険・有毒物でない廃棄物の輸入規制見直し
今月の労働関連トピックス
外資税務署から地域税務署への移管通知
今月の税務ニュース
2009年8月度 下旬 政治・経済トピックス
2009年9月度 上・中旬 政治・経済トピックス
物価・貿易2009年9月発表
橋本政彦 「明日の街角45~狭き門からの船出」 
西見恭平 「9・30事件関連三つのミュージアム」
今月の月次経済指標 2008-2009トレンド
今月の会計・税務用換算レート
今月の為替株式金利の動き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

ムアラ・カマルでボートツアー

船外機で安全設備なしの木製ボートでプラウ・スリブを抜けるツアーがある。 水鳥観察と漁場見学であるが、Untung Jawa Island、Air Island、Ubi Islandは多くの魚がいる。昼過ぎ港を出て夜漁場に到着、朝4時がベストタイムである。1回一人Rp150,000であるが船のオーナーにRp600,000を払わねばならない。
Aamuara_angke_r
パイロットはこの付近に住んでいるが、家賃はRp80,000というが満月にはいつも高潮でベッドが浮いてると言う話である。そこに行こうとして目的を果たしてないが多分Kapuk Indahゴルフ場の北であろうか。Pluit Indahを西に取るとKapuk Indahゴルフ場がありその北もMediterania地中海ゴルフ場が予定されている。この北部地区がKamal Muara地区である。名前はさかさまだが本当にボートがあるか確かめていない。地名の意味は完全なデルタ地帯と言う。
雰囲気を出してそこへ行く手前のMuara Angkeである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

Monumen Acehアチェ記念碑の所在地

オランダ時代ウェルトフレーデンには4っつの記念碑があった。旧財務省の前庭にはクーン総督、現在のバンテン広場にはwaterloo記念碑(ライオンの像)、その前方のT字路にMichiel将軍記念碑が丁度現在のモナスに向かって一直線に並んでいるが後Aa02_monumen_aceh_r
一つアチェ記念碑もこの線上にあるのではと探し回ったが、少しずれて現在のイスティクラル・モスクの処であった。
この像の絵葉書があり1900年代初めTio Tek Hong が発行したものであるが、森の中にありその前に電車が走っていたようだ。この汽車はジュアンダ通りからこの前を通りクセニアンから旧財務省前を通って多分ジャティネガラに向かうのであろうが、Aamonumen
現在その道にはインドネシアの別の記念碑がある。この現在の塔も又調べねばならない。
アチェ記念碑はアチェ戦争の勝利の記念碑で勝利の女神がが勝利の象徴のパームの葉を掲げている。土台にはここにもライオンの像が4匹、四方を囲んでいた。制作は土台がPierre Cuypers (1827-1921).、女神像がBart van Hove (1850-1914)で1898年アチェ戦争の勝利の途次に立てられた。この森はWilhelmina公園で裏側にFREDELIK砦があった。CoenもMicheilsも日本軍が破壊した事となっているがAcehは1961年に壊されたと読んだ事がある。(やはり日本軍だと思うが、Waterloo記念碑ライオン像は未調査)二つの記念碑は小生のブログの開始06年1月の出発点であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

バリ・PendetダンスのVessaと小沢

マレイシアによるインドネシア文化の盗用が又発生、インドネシア人もここ迄もかと驚くほど怒っている。ハッサン外相も外相会議をこの木曜日に行ったが結論のでるものではない。
事の起こりはマレーシア政府の宣伝ビデオにバリ・ヒンドゥの伝統舞踊Pendetが盗用された事で8月22日バリで抗議運動がおこり、ジャカルタでもマレーシア学生追い出し迄過激化した。インドネシア政府の抗議に対しマ政府は制作のディスカバリーチャンネルの間違いとしデスカバリーチャンネルも謝罪し再制作も発表したが、その後も国旗は焼くわ、大使館に卵を投げるわと怒りは収まってなかった。
同時期にマレーシアでチリ・クラブやココナッツクリームライス(Nasi Lemak)や果てはハイナンチキンライスやバクテェ迄マレーシアクィジーンとして民間のデモンストレートも起こっている。バティック、アンバラット海峡紛争、スリウイジャヤ、シェイラマジット、プンチャクシラット、あるいはトランブーランも?. どうもこれは国民性らしい。インドネシア民族がマレー半島を通って諸島にすみついた民族の発生までさかのぼってのマレーシアの本家つらは日本と韓国の関係に似ているが韓国は既に日本化たものまで取ることはなかったと思う。
この伝統舞踊を世界に広めているインドネシア女性はVessaと言う人である。彼女はViatikaraグループに属し大統領のアチャラなどにも出演している。彼女のレパートリーにはjejer gandrung (バニュワンギ)、 ngarojeng、 saman (アチェ)、tari piringがある。
彼女はインドネシア伝統舞踊は海外では評価されるが国内では関心が低いと嘆いている。インドネシア人の性格を暗示しているようだ。所でインドネシア人は今日本の小沢マリア主演のインドネシア映画“Menculik Miyabi”の本年末公開ををゾクゾクと待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

パキン運河とVrijmans Hafen

Sapasar_ikan_sima
パキン通り沿いの運河は昔はなかった。手元の確認できる写真では1945年である。これはHeuken氏の本からであるが、写真上から流れてくるのがカリブサールである。チリウン河は左手・上であるが見えない。二つともスンダクラパに流れ込んでいる。この時パッサールイカンとローダン通り辺りをつなぐ陸地(ダム)はないのでパサル・イカンは完全な島で右手・上の海洋博物館の処から橋がかかっているのみだ。海洋博物館の手前端辺りがZeeburg砦でそこへ海が入り込んできて右への流れを作っている。この名前はVrijmans Hafenで現在で言えば、ミトラアパートの方から更にWadokに流れ込んでいるはずである。
上のカリブサールが流れ来た所にかかっている橋がバタビア城があったトンコル通りとパキン通りをつないでいるので、パキン通り沿いの運河はないようだ。その後の写真は先日掲げたこれもHeuken 氏の「ジャカルタ遺跡」からの1998年ごろの写真になるがこれには手前に大きなパキン道路がありそれに沿ってパキン運河がある。
この運河が出来た時にパキン通りも大きく直線の道に拡大されたのであろう。それは小生と同じ1980年代初めであったろう。Sapakin_sundakelap_kota_013
これが出来たためZeeburg及びミトラアパート北のVrijmans Hafenは一部うずめられ、チリウン河もスンダクラパの方向でなくて、本流はPakin 運河に流れているのである。
17日のZeeburgの裏側の写真と8日のチリウン河の河口の写真と比較してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

レバランには元Frederik砦のIstiqlalへ

Istiqlalモスクは毎週金曜日には2,000人から2,500人が参拝にくるが、レバランともなると25万人から30万人になるという。(多分ラマダン月中か) 
ここはオランダ時代は元々要塞があり、20世紀にはWilhelmina Parkであった。ここにはチリウン河がPertiwi通り、プルタミナの横を北から流れ込みSaistiqklal_suisb055
この要塞の手前で二手に分かれ要塞がちょうど島のようになりうってつけの地形である。この要塞は Prins Frederik という名前で1832年に建てられ、1882年まで使用され、それは1960年まであったという。こえもIstiqlalが建てられたとき取り壊されたのである。それにしてもあまり歴史に出てこない砦である。
昔はPntu Airに面する処はSluisburgと云われ、この一帯はMentenが開発されるまでは一等地で、映画館やレストランがあったそうだ。今はモスレムが御祈りに行くだけの土地になってしまった。
今日はレバランMohon maaf lahir dan batin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

一網打尽のテロリスト

もっとも恐れられていたJIのNoordin Mohammad Topをついに16日ソロで銃撃の末打ち取った。部下3人を含むものである。Bambang Hendarso Danuri警察長官はまだ幹部3人(2ホテル爆破のSyaifuddin Zuhriと Mohammad Syahrirを含む)を捜索中であり、仕返しに十分警戒するように語った。
残りの逮捕もやはりデタスマン88の力では時間の問題だと思いたい。
NoordinはJemaah Islamiahの行動隊長で2002年から作戦に直接指揮してきたとされる。
米国のテロ巣窟ソマリア襲撃、パキスタンでのテロ兵士50人逮捕に続く世界的テロ網撲滅につながる快挙である。

JI関連事件
1993 – Abu Bakar BashirとAbdullah Sungkarマレーシアにいるときに Jemaah Islamiahとである。スハルト崩壊の98年に帰国
1995 - Jemaah Islamiahの隊長Hambali が11回米国航空を狙ったJIの作戦に参加(2003年取り締まりで米国が発表)、NOordinはマレーシアでJIの講義に参加
Dec 30, 2000 - マニラ爆弾5発で22人死亡、MoroのMILFの仕業 JIが資金援助
Dec 24, 2000 -ジャカルタ等教会連続襲撃 17人が死亡
Dec 2001 –JIの米英イスラエル大使館襲撃計画シンガポールで失敗、約10人逮捕、
Noordinのマレーシアの寄宿舎(生徒350名)閉鎖され、インドネシアに移動
Oct 12, 2002 -バリ爆破事件 202人死亡(内豪人88人) 
March 2003 -ダバオ空港及びフェリー港爆破 38人死亡
Aug 5, 2003 – ジャカルタJW Marriott Hotel爆弾事件 12人死亡
Saaust_embassy_big
Sept 9, 2004 - ジャカルタ豪州大使館爆撃事件10人死亡
2004年 noorden、JIを分離、独立 部下3人が次の自爆に参加
Oct 2, 2005 -バリ 3レストラン爆弾事件 23人死亡 NoordinとAzhari
29 April 2006- Noordin 根城襲撃で逃がすが部下Abdul Hadi と Jabir 2名は射殺
2008年11月 -バリ事件犯人の一部3名は死刑、Amrozi, Imam Samudra、Ali Ghufron
2008年 11月 -Azhari射殺
Samarriot_carton
July 17, 2009 -ジャカルタ2ホテル爆弾事件JW Marriott and と Ritz-Carlton 9人死亡
Sept.14,2009 -米FBI,2002年のモンバサホテル襲撃犯Saleh Ali Saleh Nabhanを射殺
Sept.15,2007 -パキンスタン アルカイダ系タリバン根城 Swat渓谷襲撃、兵士54名を逮捕、根絶やし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

出来の悪いWindows VISTA

出来の悪いVistaとgoogleしたら「鳩のような」というブログが最初に出てきた。可愛いブログで一緒に書き込むのも気が引けたが それにも.... 出来の悪い子ほど…やっぱり腹が立つ. 職場でVISTAを使い始めて半年。 未だに新しいIMEには慣れません。 というか学習の仕方の仕様がおかしいと思う。 元のままでよかったのに。 よく分からない方向にがんばった結果なのか...とある。その下を見ると出来の悪いVistaに泣いてる声声声である。みなやさしい人ばかりだから、泣くだけなのだろうか
小生もそんなこととはつゆ知らず買って見たら妙な顔をしているパソコンで、いろいろ苦労して仕事にもならない毎日だ。少し勉強しようと思ったがもう駄目だ。何も教えない値段だけが商売だと思っている山田電機なども罰金ものだ。彼らはあまり知らないで店に出ている奴も多いのでどうしようもない。いい加減な処で逃げるので、妥協して買うしかない。エクセルのsheetのCopyも分からずじまいだ。マニュアルに索引もない富士通ももう駄目だ。もっと抗議する方法があれば教えてほしい。パソコンQ&Aで解決したらいくらという商売があればいいよとこの間友人に言ったが本当にそうだ。 大企業の富士通や東芝ではサービスがめちゃ高い。 重くなって買い替えの原因になった東芝を又使っている。東芝と富士通で一人前だ。多分これでは寒中に負けるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

Pasar Ikan Zeeburugの裏側

Salingkar_batavia_jun_609_030
インドマルコ「インドネシア企業経営」7月号の表紙はオランダ時代のバタビアの北の砦Zeeburugである。普通はスンダクラパの海洋博物館の長い建物の北端にあるのであるが、その西側に立ったアパート(ミトラ・バハリ)の方からも行くことが出来る。この写真の奥に見えるのが海洋博物館で右と左に倉庫がそのまま放置されている。左側の倉庫のあたりがZeeburug砦であり、その昔はその北、こちらから見た奥の並びには海がいりこんで更に左のWadukにつながっていた。Saimage0002yoko
つまり数日前のブログ「チリウン河の河口」で言うチリウン河が流れてきてこのパサル・イカンと海洋博物館との間で海と混じりあいワドックの方に流れる流れがあったのである。この流れはミトラバハリが立つ前に西半分がうずめられたがZeeburgの裏側辺りまではまだ入江的に残っていた。 小生が行った時は気がつかなかったが、後でそれも今はなくなっているのではないだろうかと再度確かめに行ってみたがこの写真の処からは見えず、住民も何もないというのでやはり今はなくなっているのであろう。パッサールイカンから覗こうとしたが、昔の魚市場の裏には民家のバラックに阻止され、大昔の水族館もペンタゴンもこの入江も、バラックから出てきた老婆の口の端にも出てこなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

アチェに時代錯誤の石打死刑

最近アチェ州でイスラムの石打や鞭打ちの刑を盛り込んだ条例が成立したそうだ。姦通には死ぬまで石打を下すそうで、その他子供の強姦には400回、ホモに100回、ギャンブル 60回、婚前交渉も鞭打ち刑だという。確かアルコール飲酒も犯罪になるはずだ。アチェは1976年から政府と戦闘状態にあったが15,000人の死亡ののち、2005年に和平交渉が成立、その際緩やかなシャリア法治を認められた。その結果がこれである。この10月には4月選挙のモダレートなアチェ党の議員に入れ替わるはずであったが、その直前にGAM系議員が駆け込みで成立させた。アチェ州知事Irwandi YusufももとはGAMであるがこれに反対していたものの力及ばず知事の署名なしに30日後発行する予定。ところがジャワのMa'ruf Amin インドネシア・ウレマ協議会会長はこれを歓迎している。
国家人権委員会のIfdhal Kasimはこれは、残虐で人権を陥れるものだ。これではアチェを14世紀の昔にもどらせる。宗教とは関係ないインドネシアの法律基盤を危殆せしめ国家レベルでイスラム法を元気づかせると警戒している。昨日やっと内務大臣は最高裁に審査を請求するため法務大臣と協議を始めた。
大きな問題に人々の関心をそらすため、今後つまらぬ個人の問題に入り込んで恐怖に陥れなければいいがと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

Gesri LLydoの本社はこんなとこ

いつぞやジャラン・コピからタンマラカ地区に入り込んで大昔の運河の跡を若しやと尋ねたがその時発見したのが、Tiang Bendera通りで、それはつい最近Tiang Benderaの謂れという題でブログした。Sagesuri_lloyd
その時だったかTiang BenderaのJl.Kopiより北側を通っていたとき何気なく写真に収めたのが海運会社 PT Gesuri Lloydの本社ビルである。ちょうどホテルバタビアの後背地に当たるが、いまどきこの辺りに本社ビルを構えているのは少ない。
HPに拠ると1964年設立とあり、現在保有船3隻の貨物輸送会社で、日本とは東京船舶と提携しているようだ。日本とは東京船舶が月9航海でタンジュンプリオク、バタム、スラバヤ、メダン等を結んでいると記されているが不審の方は電話番号: 62 21 690 4000 (10 ライン)である。これだけの話であるのでエピソードを募集中。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

デウィ夫人のジャカルタ千鳥庵

デウイ夫人がジャカルタに呼ばれて住んだ所は最初のネーデルランデンホテルから、やそう宮殿、ヤシの並木スウイルヨの住宅まで紹介したが、深田祐介のガルーダ商人によると最初のころの仮住まいなのかチドゥリアン通りというのもある。
Sacidurian_no9
良い名前なので探す前につづりを考えたらCi-Durianであると気がついた。そこで地図を頼りに探しに出かけたのであるが、尋ね尋ねてチキニ通りの裏通りで、たどり着くことができた。チキニはスカルノに縁がある所らしく菊川や爆破事件の学校などもある。ここはメンテンホテルの裏側にあたり、静かな所であった。 Sacidurian_veteran_pluit_030
上の写真ではどこまで本当の話かわからないが探検の副産物としてはこの辺りにはジャンビ州やパプア州の地方政府出先機関があった。ジャンビはさすがに金があることが如実にわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

中国系インドネシア人の国技バドミントン

インドネシアの国技とも言われるバドミントンであるが、それには中国系インドネシア人の選手が活躍した歴史は有名である。過去名前を成した選手には下記の人たちがいる。
Saistora_senayan3
Rudy Hartono,
Christian Hadinata
Liem Swie King,
Susi Susanti,
Alan Budikusuma,
Tjun Tjun,
Johan Wahjudi,
Ade Chandra,
Tan Joe Hok,
Ivana Lie,
Verawaty,
Ardy Wiranata 1992銀メダル,
Heryanto Arbi.
インドネシアはトーマス杯では圧倒的な記録を残している。トーマス杯は2年に1回であるが1957年から1984年まで8回(中2回中国とマレーシアがはいる)と1994年から2005年までに5回優勝している。小生が初めて名前を聞いたのはRudy Hartonoで67年から82年に4回優勝をもたらしている。この辺りが黄金期でChristian Hadinata、Liem Swie King,などもいた。Hartonoは 72年のオリンピックで優勝しているがこのときはデモンストレーションであった。正式種目になったのは1992年バルセローナでこの時Alan BudikusumaとSusi Susantiが男女二つの金メダルをもたらしこれがインドネシア最初の金メダルだったことで国中が沸いた記憶がある。二人のそのあと恋を成就させた。 しかし全てが中国人ではなく、世界殿堂に入っているインドネシア人は10人で上記5人が中華系であるが、残り5人はブミ系である。その中で最も有名な選手は2004年オリンピック優勝のTaufik Hidayatであろう。写真は逆行のスナヤンにあるバドミントンの国際競技場である。ミュージアムも兼ねているそうだから又見に行こう。(と書いたが写真は捜索中 Istora Senayan で仮借用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

Kramat Raya / Matraman Raya通りとGramedia

Saapr_12_033 Saapr_12_034

グヌングサハリから南に下る道は相当古い。ボゴール宮殿がImhoff総督時代だから18世紀にはあったはず。北はグヌン・サハリがパサル・セネンまで、そこからKramat RayaとなりJl. Raden Salehまで、そこからSalemba RayaがJl. Pramuka陸橋まで、そこからMatraman RayaがJatinegaraまでとつながる。
5km程度の距離にRayaと言う大通り名が3つ連なる。KramatとMatramanはよく似た名前だし、この両サイドにはオランダ時代の建物など数多くあるので混乱する。そこに行くにはJl.Diponegoroを行くとKramatの真ん中あたりに出るし、Pramukaに抜けるJl.Prokramasi Matramanから行くとMatramanの北にでる。Kramat/Matramanの二つの道を南から北上するにはManggaraiからちょっと南に下ってSelamet Riadyから出るとMatramanの南端辺りにでるのでここから北上するのがよい。そうして苦労してGramedia(Matraman 46)に行くのに苦労してSl.Riadyを通って行ったのであるが、最近会社の近くのスマンギ・プラザにあることが分かり重宝している。Gramedia Matramanは確か東南アジア1とかその大きさを誇って3年ほど前にオープンしたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

9/10 PGN、本年投資は$250mをもくろむ

9/10 PGN、本年投資は$250mをもくろむ:社長Hendi Prio Santoso
9/10 二輪車業界 (AISI)本年目標5.8mに上方修正
9/10 RABOBANK(蘭系)営業資産本年10%~20%アップ見込み
9/10 政府、肥料生産増強計画 2013年までに55%アップ
9/10 最大セメント会社SEMEN GRESIK、5プラント10年計画
9/09 Peugeotアセンブリ再開計画、2011年Gaya Motor、昨年ユーロ高で2千台から85台に急落
9/08 建設 PT Wijaya Karya新規契約7兆を加え受注残14兆ルピ
9/08 国会、映画法を可決、上映比率は国内政策映画が60%、検閲強化
9/08 ソニー映像エンターテインメント(SPE)、IndovisionでPayTV拡大
9/07 ASTRA AGRO、本年CPO生産は6.4%アップで70万トン
9/07 セメント生産、本年5.5%の伸びで38Mトン
9/07 国営ガス公社、Energy World Corp. Ltdと最初の売買取引サイン、スラウエシのSengkang LNG
9/07 (AdaroとShellはカリマンタンで6万トンの石油貯蔵施設、総投資$40M の建設計画9/07 トルコ航空、来週よりジャカルタ直行便開始、週5便

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

プロテスタントの慈善

ストリート・チルドレン問題はインドネシアだけの問題だけでなく全地球の問題であろう。一定のパイの中では落伍したままの民族はほとんど永久に救えない。行き過ぎた貧富の格差の解消には強制徴収しかないと論じたが、これでは強制免罪符だなと思い当たった。Zhu Chiの教えは善行を行える機会を感謝するとあるがこれも自分を救う願望が隠した人もいるだろう。そこに偽善といやしい動機があると見た当時のカトリックの堕落を攻撃したのがルターであった。
プロテスタントの信条は、人間は弱い存在で、善行をしたからと言って自らを救うことはできない。 キリストのみが人間を救えるとして聖書をキリストの物語としてそれだけを祈るものである。 慈善そのものはを否定することはないが、施しはキリストの贖いの死を感謝する心であるとする内面重視である。
信徒でないとこの心境には到達できないがプロテスタントは大乗仏教に、親鸞に通じるところがあるようだ。南無阿弥陀仏とは神だけに帰依する、信じることだからである。Samesdjid_luar_batan_046
愛はその前の当たり前のこころなのであろう。相手をいやしむ必要も努力しないからだと導く必要もない。 写真はインドネシア式施しに群がる子供たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

ビダラ・チナのプロテスタント教会

ビダラ・チナの大通りOTISTA通りにあるカトリックのセント・アントニウス教会は紹介したが、この通りの左の小道を入っていくとそこに小さなプロテスタントの教会があった。Sabidaracinaaug09_7
GPIB(Gredja Protestan Indonesia Barat)に属するプロテスタントのBethesda教会である。64年目の独立を祝う旗と紅白の玉飾りを除くと、白壁と普通の窓とまったくの質素なものである。名前は新約聖書でエルサレムにあったといわれる池の名前である。こうして正面の看板を読むとその教会がカトリックかプロテスタントかは解るが、見ただけではなかなかわからない。このBthesda教会はプロテスタントの飾りけのない質素さのサンプルである。それに比べカトリックは装飾的である。名前でも区分できるのではないかと密かに考えている。多分聖人の名前が付いてるのはカトリックで、プロテスタントは地名だとかになるというのがただいまの結論である。(カトリックの教会をそのまま使用しているプロテスタントもあり、例外もあるが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

チリウン河の河口はスンダクラパではない

チリウン河については何度もブログに書いた。ボゴールの山奥から一気にジャカルタに向かい蛇行しながらイステクラルモスクに出てきて本流はグヌンサハリからコタ駅に向かいその裏側と通ってスンダクラパ港に出る。ところがこのスンダクラパの昔の写真を見て驚いたことがある。Sasundakelapa_dam
その当時パッサールイカンの島の右端(東端)は今のローダン通りの陸地とつながっているのである。それではここに流れた河はあのぺニシ船がつながれているスンダクラパの海に流れることはできない。そこで又見に行く羽目になったのである。パッサールイカンの島をつなぎスンダクラパ港を遮断していたのは現在では陸地でなく水量調整のダムである。Sasunda_kelapa_043
見に行った時はもう開かれてなくずっとしまったままのようにみえた。従いここに流れてきたチリウン河は左折されカリブサールを流れてきたクルクット河とぶつかりながらその流れに合流しパキン通りに沿う運河を流れ、プルイットのワドックあるいはその先の新パッサル・イカンの方の海に流れているようなのである。
ところがこのパキン通り沿い運河は新しいものであるので、また疑問はとけない。そこで昔のチリウン河河口の写真の別のものをさがしたところ、このパサールイカンは現在の海洋博物館との間は海で、そこに橋が架かり、チリウン河はその橋を越えてZeeburgの方にながれワドックの処で海に出るのである。何のことはないチリウン河の河口は昔も今も、ワドック方面ということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

メイドの給与

インドネシアからマレーシアに出稼ぎに来ている家政婦に対する給与を800リンギットを最低にするようインドネシアから要求があったとマレーシアの労働大臣スブラマイリアムは語った。
これはマレーシアの雇用者の虐待を報道するメディアからの圧力によるで、現在マレーシアには280,000人が雇用されて平均450から600リンギットを得ており、不満足なものは0.1%に過ぎない 以前フイリピンからの家政婦もいたが現在は減少している。マレーシアはカンボジアやラオス、スリランカからも呼ぶことができると主張している。
リンギットは対ルプアのレートRp2,800/1リンギット故800リンギットは2.2百万ルピアになる。ヨロズで家政婦の給与をけちる議論をしている日本の諸兄には何か参考になるだろうか 却って勢いずくかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

インドネシアにもZhu Chiの教え

いつぞや北のプルットからムアラ・アンケの方向に向かう時、ちょっとした記念像が見えた。そこは大きなアパートの前庭でその施設も何かあるなと感じさせるものであった。Zhu_chi_pluit_080rr
写真に見える文字Tzu Chiからそれは台湾を起源とする慈善団体のもつ住宅コンプレックス(名前はPerumahan Cinta Kasi Tzu Chi)であることが分かった。この中に学校や病院も持っているようで、ここムアラアンケの貧民を収容したもののようだ。Tzu Chiとは慈済と書き、仏教をベースとする慈善団体で慈善・医療・教育・人文を活動の柱として1966年台湾の証厳法師(Cheng Yen尼僧)が始めたもので急速な発展を遂げ台湾で400万、世界数十カ国(勿論日本にも)に支部を有し10百万人のメンバーを持つボランティア団体である。毎日少しずつでも貧しくとも善を行う、貧を救い富を導くとも云う済貧教富を慈善の考え方にしている。委員は主婦を中心、隊員は男性、共にブルーと白のユニフォーム(男子隊員の場合)にロータスと船をあしらったロゴをあしらっている。善行の機会に感謝し、又一生慈善に頼る人はいないという人間の良心を信じることが重要なようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

街頭慈善は逮捕される

ストリート・チルドレンにお金をあげることは禁止する条例があることは2~3年前から知っているが昨日、その禁止違反で12人が逮捕されたニュースが出ていた。彼らはRp2万から7万の罰金を食らったそうであるがこの罰金の金額からはほんのわずかな金額のチップをあげただけではないのだろうか。、いつもヨロズのチップを気にする人に警告を発したくなる小生はチップが小さいから罰されたのではないかと感違う。イスラムでは余裕のあるものが余裕のないものにその余裕に応じて施すことは、特にラマダン期間中、法の教えで善行の伝統であった。この条例は罰金は最高20百万もしくは最長3ケ月の禁錮である。市では特にラマダンに集まる季節性乞食対策に最近53ケ所を手入れ、1,200名の子供たちをKedoyaのリハビリセンターに収容したと報じられている。
この条例はスラバヤやメダンでもある。たぶんメダンが最初だったと思う。あるチルドレンは月6百万も稼ぐそうで、真面目に働くのが馬鹿を見る。多くがマドゥラ島から送られてくるプロである。市のスタンスはそうした不公平が生じないよう正式なチャリティ団体に寄付するよう求めている。
この報道では普通ならRp1.500,000が一般賃金レベルだとしている。これが低すぎるのではと思うが経営側に立つとその生産性を挙げて高すぎると感ずる。失業問題を考えると今やインドネシアだけの特有な問題だとかたずけられない複雑な気がする。 少なくとも過ぎた格差はいけない。富んで施せない人には高率税率で強制集金することをグローバル化することしかないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

8月投資環境 経済成長明るい

*ゴルカル次期党首選、スハルト長女も出馬意欲との報道
*VAT改正法案審議:外国人旅行者へのVAT還付制度盛り込みへ、政府と国会作業委が合意。
*BEIに代わるインドネシア輸出金融会社(LPEI)、9月より営業開始。
*来年度予算案審議:経済成長率5%から5.5%に引き上げで政府・国会第XI委合意。
*TELKOM、IPTNサービスの緩和法令を歓迎、現在固定電話8.7mil。
*イスラム国家にならなければ自爆テロは続く:バアシル。
*バタム自由貿易地域の実際の運営に失望してPMA3-5社が閉鎖:イ経営者協会会 長がクレーム。
*イ政府がEUと航空協定締結。
*ブリヂストン、カラワン工場に導入のコージェネ(発電容量5.76MW)が日本CDM事業に認定。
*1万MW発電第2弾の早期スタート要求、2010年初めにもとイ商工会議所会頭。
*経済に対する見方、最も楽観的なのはイ人:英シノベイト調べ。
*経済成長率2010年には6%達成に努力する:財務相。
*国会構成法が国会で可決。最多議席獲得政党から議長を選出、副議長は3人から4人に増加

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 3日 (木)

Antonius教会はカトリック

この間、ビダラチナの中国人の社会を覗いたが、この大通りがオティスタ通りでその76A番地に大きな教会がある。Abidaracinaaug09_14
カトリック教会のSt. Antonius 教会である。
ここにはいくつもの建物があり、写真を見て驚いたことに、Vincentius孤児院があり、これはこのOTISTA通りの北のKramat Rayaにある同名の孤児院の女子用である。
(Panti Asuhan Vincentius Puteri)又ここにSusteran Bidaracina修道院があり、そのチャペルがこの教会であろうか。教会の壁の外側に出た構造物は勝手な想像であるがフライイング・パットレスでゴシック建築のインドネシア版と言っておこう。古くはなく1938年築である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

バタビア城東側のチリウン河

昨日の小麦倉庫(とうもろこし倉庫 Graanpakhuizen)を訪ねたクニールIIもそうだが、そこからつい、河を望みたいと川岸に向かうが当然そこには民家が並んでいる。Asunda_kelapa_063
ちょうど昔Geo Wehryのオフイスの河岸はうっそうと木が生えているがその先の倉庫や東岸がそうだ
ジャカルタのチリウン河は岸辺に座り横に流れる河の流れを見れるところはほとんどない。グヌンサハリ位であるが詩情はない。イステクラルモスクに出てくるまではチリウン河は蛇行を繰り返しそれに併走する道はなく、Ciliun_sriady_jun_609_121_r
チリウン河を横断する道で始めて縦の流れを見ることができる。それを忘れてバタビア城の城壁の名残を求めて近ずくも、いつも民家に阻まれる。どうぞ見てくださいと道を明ける人も中にはいるが、河を見るにはその民家のその便所を覗くことになるのである。圧巻はマンガライに向かう縦の流れである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

小麦倉庫 Gudang Gandum(Graanpakhuizen)の現在

スンダクラパ港は東南アジア貿易の中心として多くの倉庫が建てられた。VOCの船待ちのためアンボン等から持ち込まれたスパイス類(rempah2)も長くは1年も保存することも多かった。18世紀に建造された倉庫群は小麦倉庫 Gudang Gandum (Graanpakhuizen)と呼ばれた。時に東端倉庫(Gudang di tepi timur)はVOCが米、豆、落花生、乾燥菓子など食料を貯蔵した。正確には現在Kampung Bandanと名づけられた地区にあり、VOCの船に乗る人たち(ABK:Anak Buah Kapal)の食料として積み込まれた残念ながらその一番大きな倉庫も1995年に高速建設のさいに収用されていたようだ。 7月20のブログでその入口に立ったがあきらめが早かった気がして8月に再度度行ってみたが、Sagraanpakhuizen
行けど行けど大型トラックの列と深みの見えない淀んだ窪みに100メートルで又あきらめた。そこを離れクニール通りに出て左に折れ大きなオランダビル(Joe Wehryだったかブログ済み)の処で左折し再度Graanspakhuizenを目指したがSakunir_ii_055
なんとそこにその倉庫と同じような倉庫を目つけた。ヒョットすると今までの地図の誤りかと思ったがここはあの高速を挟んだ内側である。少なくともあの倉庫の南端とこの倉庫の北端は同位置にありまたその東側はともにチリウン河を背にしているのでほとんど同一物の一部と見ても差支えなかろうとケリ付けた。住所はKunir IIである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »