« 一網打尽のテロリスト | トップページ | パキン運河とVrijmans Hafen »

2009年9月20日 (日)

レバランには元Frederik砦のIstiqlalへ

Istiqlalモスクは毎週金曜日には2,000人から2,500人が参拝にくるが、レバランともなると25万人から30万人になるという。(多分ラマダン月中か) 
ここはオランダ時代は元々要塞があり、20世紀にはWilhelmina Parkであった。ここにはチリウン河がPertiwi通り、プルタミナの横を北から流れ込みSaistiqklal_suisb055
この要塞の手前で二手に分かれ要塞がちょうど島のようになりうってつけの地形である。この要塞は Prins Frederik という名前で1832年に建てられ、1882年まで使用され、それは1960年まであったという。こえもIstiqlalが建てられたとき取り壊されたのである。それにしてもあまり歴史に出てこない砦である。
昔はPntu Airに面する処はSluisburgと云われ、この一帯はMentenが開発されるまでは一等地で、映画館やレストランがあったそうだ。今はモスレムが御祈りに行くだけの土地になってしまった。
今日はレバランMohon maaf lahir dan batin

|

« 一網打尽のテロリスト | トップページ | パキン運河とVrijmans Hafen »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レバランには元Frederik砦のIstiqlalへ:

« 一網打尽のテロリスト | トップページ | パキン運河とVrijmans Hafen »