« 9/10 PGN、本年投資は$250mをもくろむ | トップページ | 中国系インドネシア人の国技バドミントン »

2009年9月12日 (土)

Kramat Raya / Matraman Raya通りとGramedia

Saapr_12_033 Saapr_12_034

グヌングサハリから南に下る道は相当古い。ボゴール宮殿がImhoff総督時代だから18世紀にはあったはず。北はグヌン・サハリがパサル・セネンまで、そこからKramat RayaとなりJl. Raden Salehまで、そこからSalemba RayaがJl. Pramuka陸橋まで、そこからMatraman RayaがJatinegaraまでとつながる。
5km程度の距離にRayaと言う大通り名が3つ連なる。KramatとMatramanはよく似た名前だし、この両サイドにはオランダ時代の建物など数多くあるので混乱する。そこに行くにはJl.Diponegoroを行くとKramatの真ん中あたりに出るし、Pramukaに抜けるJl.Prokramasi Matramanから行くとMatramanの北にでる。Kramat/Matramanの二つの道を南から北上するにはManggaraiからちょっと南に下ってSelamet Riadyから出るとMatramanの南端辺りにでるのでここから北上するのがよい。そうして苦労してGramedia(Matraman 46)に行くのに苦労してSl.Riadyを通って行ったのであるが、最近会社の近くのスマンギ・プラザにあることが分かり重宝している。Gramedia Matramanは確か東南アジア1とかその大きさを誇って3年ほど前にオープンしたものだ。

|

« 9/10 PGN、本年投資は$250mをもくろむ | トップページ | 中国系インドネシア人の国技バドミントン »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kramat Raya / Matraman Raya通りとGramedia:

« 9/10 PGN、本年投資は$250mをもくろむ | トップページ | 中国系インドネシア人の国技バドミントン »