« バリ・PendetダンスのVessaと小沢 | トップページ | ムアラ・カマルでボートツアー »

2009年9月24日 (木)

Monumen Acehアチェ記念碑の所在地

オランダ時代ウェルトフレーデンには4っつの記念碑があった。旧財務省の前庭にはクーン総督、現在のバンテン広場にはwaterloo記念碑(ライオンの像)、その前方のT字路にMichiel将軍記念碑が丁度現在のモナスに向かって一直線に並んでいるが後Aa02_monumen_aceh_r
一つアチェ記念碑もこの線上にあるのではと探し回ったが、少しずれて現在のイスティクラル・モスクの処であった。
この像の絵葉書があり1900年代初めTio Tek Hong が発行したものであるが、森の中にありその前に電車が走っていたようだ。この汽車はジュアンダ通りからこの前を通りクセニアンから旧財務省前を通って多分ジャティネガラに向かうのであろうが、Aamonumen
現在その道にはインドネシアの別の記念碑がある。この現在の塔も又調べねばならない。
アチェ記念碑はアチェ戦争の勝利の記念碑で勝利の女神がが勝利の象徴のパームの葉を掲げている。土台にはここにもライオンの像が4匹、四方を囲んでいた。制作は土台がPierre Cuypers (1827-1921).、女神像がBart van Hove (1850-1914)で1898年アチェ戦争の勝利の途次に立てられた。この森はWilhelmina公園で裏側にFREDELIK砦があった。CoenもMicheilsも日本軍が破壊した事となっているがAcehは1961年に壊されたと読んだ事がある。(やはり日本軍だと思うが、Waterloo記念碑ライオン像は未調査)二つの記念碑は小生のブログの開始06年1月の出発点であった。

|

« バリ・PendetダンスのVessaと小沢 | トップページ | ムアラ・カマルでボートツアー »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Monumen Acehアチェ記念碑の所在地:

« バリ・PendetダンスのVessaと小沢 | トップページ | ムアラ・カマルでボートツアー »