« Gajah Madaの運河Molenvlietは南に流れる? | トップページ | ジャーディン・マセソンの英一番地 »

2009年9月28日 (月)

インドネシア遺産都市ネットワーク(JKPI)会議

この10月に掲題の会議が開かれる。西スマトラのSawah Lunto で全国40都市が参加、ネットワーク作りと運営委員会を設置する。この会議にはジャカルタ州の北ジャカルタも参加するが、北ジャカルタの遺産にはツグ、マルンダ、海洋博物館、ルアールバタン・モスク、Lookout タワーを含んでいる。北ジャカルタ区では遺産区域半径600メートルにはトラックの進入を禁止する。この運動はスラカルタが主導しているものでスラカルタは世界遺産都市会議(WHCCE)を2008年に開催した。ジャカルタからは西ジャカルタもメンバーである。
世界遺産としてはインドネシアは8つあるが、世界遺産都市機構(OWHC)とは世界遺産を持っている都市が、保護などのための相互協力を促進することを目的とした非政府組織である。ソロで開いた2008年の会議はこの中の欧州―アジア会議で無形文化財の保護などを討議した。そういえばインドネシアの8つの世界文化遺産のうちボロブドールもプランバナンもジョグジャに属するはずである。
Whc
明日から行くジャカルタで何かニュースがあるどろうか。写真はNJOWO WORLD WIDE WEBから頂いた当時のポスターである。

|

« Gajah Madaの運河Molenvlietは南に流れる? | トップページ | ジャーディン・マセソンの英一番地 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/31559262

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア遺産都市ネットワーク(JKPI)会議:

« Gajah Madaの運河Molenvlietは南に流れる? | トップページ | ジャーディン・マセソンの英一番地 »