« レバランには元Frederik砦のIstiqlalへ | トップページ | バリ・PendetダンスのVessaと小沢 »

2009年9月21日 (月)

パキン運河とVrijmans Hafen

Sapasar_ikan_sima
パキン通り沿いの運河は昔はなかった。手元の確認できる写真では1945年である。これはHeuken氏の本からであるが、写真上から流れてくるのがカリブサールである。チリウン河は左手・上であるが見えない。二つともスンダクラパに流れ込んでいる。この時パッサールイカンとローダン通り辺りをつなぐ陸地(ダム)はないのでパサル・イカンは完全な島で右手・上の海洋博物館の処から橋がかかっているのみだ。海洋博物館の手前端辺りがZeeburg砦でそこへ海が入り込んできて右への流れを作っている。この名前はVrijmans Hafenで現在で言えば、ミトラアパートの方から更にWadokに流れ込んでいるはずである。
上のカリブサールが流れ来た所にかかっている橋がバタビア城があったトンコル通りとパキン通りをつないでいるので、パキン通り沿いの運河はないようだ。その後の写真は先日掲げたこれもHeuken 氏の「ジャカルタ遺跡」からの1998年ごろの写真になるがこれには手前に大きなパキン道路がありそれに沿ってパキン運河がある。
この運河が出来た時にパキン通りも大きく直線の道に拡大されたのであろう。それは小生と同じ1980年代初めであったろう。Sapakin_sundakelap_kota_013
これが出来たためZeeburg及びミトラアパート北のVrijmans Hafenは一部うずめられ、チリウン河もスンダクラパの方向でなくて、本流はPakin 運河に流れているのである。
17日のZeeburgの裏側の写真と8日のチリウン河の河口の写真と比較してみよう。

|

« レバランには元Frederik砦のIstiqlalへ | トップページ | バリ・PendetダンスのVessaと小沢 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パキン運河とVrijmans Hafen:

« レバランには元Frederik砦のIstiqlalへ | トップページ | バリ・PendetダンスのVessaと小沢 »