« Monumen Acehアチェ記念碑の所在地 | トップページ | 付加価値税法の改正要点 »

2009年9月25日 (金)

ムアラ・カマルでボートツアー

船外機で安全設備なしの木製ボートでプラウ・スリブを抜けるツアーがある。 水鳥観察と漁場見学であるが、Untung Jawa Island、Air Island、Ubi Islandは多くの魚がいる。昼過ぎ港を出て夜漁場に到着、朝4時がベストタイムである。1回一人Rp150,000であるが船のオーナーにRp600,000を払わねばならない。
Aamuara_angke_r
パイロットはこの付近に住んでいるが、家賃はRp80,000というが満月にはいつも高潮でベッドが浮いてると言う話である。そこに行こうとして目的を果たしてないが多分Kapuk Indahゴルフ場の北であろうか。Pluit Indahを西に取るとKapuk Indahゴルフ場がありその北もMediterania地中海ゴルフ場が予定されている。この北部地区がKamal Muara地区である。名前はさかさまだが本当にボートがあるか確かめていない。地名の意味は完全なデルタ地帯と言う。
雰囲気を出してそこへ行く手前のMuara Angkeである。

|

« Monumen Acehアチェ記念碑の所在地 | トップページ | 付加価値税法の改正要点 »

インドネシア自然風土文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18815/31522673

この記事へのトラックバック一覧です: ムアラ・カマルでボートツアー:

« Monumen Acehアチェ記念碑の所在地 | トップページ | 付加価値税法の改正要点 »