« 最初のカントールKPMは今はここ | トップページ | 9月の投資環境ニュース »

2009年10月 8日 (木)

Citadel通りのアイスクリーム屋

既に紹介したイスティクラル・モスクの南側はオランダ時代のFrederik要塞があったところであるがAa087
その西側のチリウン河沿いはCitadelwegと言われていた、現在のVeteran 1である。このCitadelは古いラテン語からきており、英語にも都市を見下ろす要塞の意味でつかわれている。オランダ時代はこの通りはにぎやかな通りでジュアンダ通りともつながりその入り口は現在でもスリウィージャヤホテルとして存続しているホテルHotel Lion d'Or (その後Hotel Cavadino 既紹介済み)があった。真ん中あたりにはいくつかのイタリヤレストランDOMsなどがあるがそこに有名なアイスクリーム屋があった。Aa090
現在も昼間から多くの人が食事にきているがこのアイスクリーム屋は1932年から営業している。名前がRagusaでES ITALIAと付されたカフェで平日の昼でもご覧の通り店に流しのギター歌手がサービスしている。 トラデショナル アイスクリームは4種盛りでRp18,000と安い。
店の前はイスティクラルモスクであるがそこを高架鉄道がさえぎり又モスクを囲むチリウン河でそれに沿っているが趣はなくなった。チリウン河が塵運河といわれる通りである。左奥にスリウイジャヤの壁が見える。

|

« 最初のカントールKPMは今はここ | トップページ | 9月の投資環境ニュース »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Citadel通りのアイスクリーム屋:

« 最初のカントールKPMは今はここ | トップページ | 9月の投資環境ニュース »