« スロパチとスノパチ | トップページ | スロパチとトルノジョヨ »

2009年10月23日 (金)

ガルーダのエミルシャー

現在のGarudaの社長はMr. Emirsyah Satarであるが、今日友人の話でかれとどこかで会ったことがあるという。経歴を調べてみると1959年生まれ、インドネシア大学の経済学部会計学卒、すぐプライス・ウオーターハウス・クーパースの監査人を務め、CITIバンクの副社長補佐から1990年にはヤンダルマディグループのファイナンス・デヴィジョン本部長になっている。その後もニアガ・ファクタリングの社長、ニアガ・ファイナンス香港店長を経て2003年にガルダのファイナンス・ダイレクター、バンク・ダナモン副社長を経て2005年に若干50歳でガルダの社長に抜擢されている。
Aadsc08275_2
ガルーダは7月にチェンカレンのガルダ・シティ・センターで新社屋ビルを大統領他スリ・ムルヤニ等閣僚を招いて披露した。同時にIndonesian Hospitalty のコンセプト、エアバスA330とボーイングのネキストジェネレーションの新機を加えイメージアップを図っている。このレセプションでも友人は合う事が出来なかったと残念がっていた。
確か負債問題もマンディリ銀行との間で合意を見たようなニュースも記憶している。
今回帰国便にガルーダを考えたがマレーシア航空の方が安いのでそちらにすることにした。写真はスカルノ空港から。ただしビルは未確認。

|

« スロパチとスノパチ | トップページ | スロパチとトルノジョヨ »

現代企業・人物フーズフー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガルーダのエミルシャー:

« スロパチとスノパチ | トップページ | スロパチとトルノジョヨ »