« Groote Boomは何れに | トップページ | あと一人のジャガタラお春 »

2009年10月15日 (木)

Vrijmans Hafenは完全埋め立て

現在のチリウン河は最後パキン運河からWadok方面に流れているがパキン運河が出来たのは1980-1981年なのでその昔はパサールイカン島の北と海洋博物館の間のVrijmanshafen運河(海口)が現在のミトラアパートメント裏経由してWadokに流れていた。このVriemanshafenはパサール・イカン島を抱くように、島の南の海からも昔のZeeburg砦辺りで合流してWadok方面に流れるのであるが、Aaapasar_ikan_viewscan10002
海洋博物館辺りのVriemanshafenは埋め立てられてゴミの山となっている。ミトラアパートの裏からWadok迄もアパート建設の時に埋め立てられている。従いZeeburg砦の裏辺りのVrijmanshafenが1990年近辺までは残っていたが現在それを確かめる事ができない。
何時ぞや(9月17日のブログ)はパサル・イカンの奥まで突き進んでいたが民家に遮られて確認できず(尋ねると何やらもうないとの答え)、Aasunda_kelapa_045
そういえばそれこそLookout Towerから覗いてみようと上ったのは良いが屋上に上っても民家の屋根しかみえなかったが、民家の屋根の並びから見ると既にないということとなろう。このLookout Towerは4階立てだったと思うもその上に梯子があり屋上に出ることが出来る。そこは人一人のスペースで外人が一人いつまでも立っていたので覗くだけに終わったが、合計5階のぼろぼろの階段やはしごで足はがくがくとなる。

|

« Groote Boomは何れに | トップページ | あと一人のジャガタラお春 »

インドネシア・ジャカルタ歴史今昔」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vrijmans Hafenは完全埋め立て:

« Groote Boomは何れに | トップページ | あと一人のジャガタラお春 »