« 消えたノスタルジー:チキニのトリオ | トップページ | Tirtamas Comexindoとは »

2009年11月30日 (月)

アンチョールがFree Fall

Aaancol_kemayoran_031_2
アンチョール・ドリームランドは来年動き出す。保有のPT Pembangunan Jaya Ancolの社長Budi Karya Sumadi氏は来年計画している社債の使途について大投資を行うことを発表した。投資規模は5,200億ルピア、特にゲーム機器の設置とアミューズメント・ショーが目玉のようだ。
ドリームランド・ジャヤ・アンチョールは三つのテーマパークを持っている、すなわちドゥニア・ファンタジー(DUFAN)、Gelanggang Samudera oceanarium及びAtlantis Water Adventure water parkである。
来年他のセグメントを加えたいとして、それはドイツから輸入するFree Fallを含んでいる。またBalada Kera(動物人形のオペレッタ劇場)も伝統文化を加えたコンセプトに衣替えする。
同社は売上が年間, 7,800億規模であるが内この観光部門で8割を占めの残りがリアルエステートである。

|

« 消えたノスタルジー:チキニのトリオ | トップページ | Tirtamas Comexindoとは »

ジャカルタ(人)の暇つぶし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンチョールがFree Fall:

« 消えたノスタルジー:チキニのトリオ | トップページ | Tirtamas Comexindoとは »